おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
今は「かっこ」県民会館です
 4月の定期演奏会のチラシやポスター、それにチケットも印刷が出来上がったので、そろそろプレイガイドでも売り出されるようになるはずです。ただ、そちらは業者に頼んであるので私の管轄外、正確にいつから売り出されるかは分かりません。ところで、今回から今までの藤崎、三越、エスパル、ヤマハ、カワイに、新しく「山野楽器」が加わっていますから、そちらの方もご利用ください。何かと噂は耳にしますが、私はまだこのお店には行ったことがありません。そのうち、どんなふうに売られているのか、チラシやポスターは展示されているのか、確かめに行ってみることにしましょう。そのほかにも確かめたいこともありますし。
 実は私にも1か所だけ担当があるので、土曜日に渡されたチケットを持って、その県民会館のプレイガイドに行ってきました。ここは本番で使わないとチケットは置いてくれないので、前回は来なかったのですが、1回手続きを休んでしまうと結構やるべきことを忘れているものですね。今回は依頼書を書く時に印鑑を押すのを忘れて、恥をかいてしまいました。でも、他の書類の不備はなかったので、晴れてチケットを置いてもらえることになり、こちらはもう今日から発売されていますから、お早めにお求めください。
 この「1回休み」というのが曲者で、実はチラシの原稿が出来た時にも、それは前回の「県民会館が使われない」演奏会のチラシが元になっていたものですから、プレイガイドのところにこの県民会館が抜けていたのですよね。それが、だいぶ前に書いたミスプリントです。実は私も全然気が付かなくて、ここが抜けたままで印刷されてしまう可能性が非常に高かったのですが、ほんとに何気なくゲラを眺めていたらそれが入っていないことに、まさに偶然気が付いたんですよね。こんなことってあるんですねぇ。もう、誰かに守られているのでは、と思わずにはいられませんでした。
 今日はそんなことをやったあと、友の会や招待券のハンコ押しや、さらに郵送しなければいけないチラシとポスターを袋詰めして発送したり、別件でニューフィルの弦楽器の人たちへの連絡を頼まれていたので、そのチラシを配りに弦の分奏会場に行ったりと(今日の練習は管と弦が分かれて別の場所で分奏です)、なかなか忙しい一日でした。そんな合間を縫って、私は懸案の「暗譜」に励みます。目標は、来週の木曜日の練習までには全曲暗譜を目指す、というものです。かなり高いハードルのように思えたのですが、いざやってみるとそんなに難しくはないような気がしてきました。今までも合唱の演奏会で暗譜で歌ったことはありますから、そのやり方を思い出せばいいだけの話ですよね。ただ、その時は歌詞は日本語でしたが、今回はフランス語とイタリア語だというあたりがネックでしょうか。でも、フランス語だったら全く知らないわけではなくいくつかの単語は分かりますから、それを頼りに前後をくっつけたりしていると、自然と口に出るようになってきました。たぶん、さっきの「目標」は達成することができることでしょう。
 きのう、かな、テレビで昔の歌ばっかりやっている番組が流れていましたが、そこで沢田研二が「時の過ぎゆくままに」を歌っていました。そうしたら、自然とその歌詞が出てくるんですよね。実は、この歌は昔「暗譜」したことがあったのですよ。その頃やっていたバンドのレパートリーで、私がヴォーカルだったんですね。同じころの「勝手にしやがれ」とか「危険なふたり」なんかも、しっかり歌えますよ。やはり、きちんとおぼえたものはいつまでたっても忘れないんですね。
 でも、果たしてベルリオーズの「レリオ」をおぼえたとしても、それを将来どこかでまた歌うなどという可能性は限りなく少ないはず、いや、絶対に2度と歌うことはないのではないでしょうか。何年か経って不意に「山賊の歌」かなんかを思い出して歌ったりしている姿は、かなり不気味でしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-02-10 00:12 | 禁断 | Comments(0)