おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
「レリオ」は半分はナレーションです
 前にも書きましたが、今度のニューフィルの定期演奏会のための宣伝用にということで、Facebookのカバー画像がリリースされています。前にご紹介したのは、それの個人ページ用のものですが、もう一つ、デザインは同じで縦横比が微妙に違っている「Facebookページ用バージョン」も、作っていただきました。どちらもピッタリとサイズが合うように出来ていて、もちろんセットをすればきっちりと収まるはずでした。ところが、なぜかFacebookページの方だけ、ちょっとした問題が起きてしまったのです。
 こういう画像をセットすると、直後は確かにこのレイアウトでピッタリ収まっているものが、しばらくすると、というか、リロードするとほんの少し膨らんでくるのですね。つまり、右下の方向にちょっと拡大されてしまうんですよ。その結果、この枠から外れた部分がなくなってしまって、ちょうど「宮城」という文字の右側の余白が全くなくなって、「城」の字右端がほんのちょっと切れてしまうぐらいになってしまうんですね。せっかくきちんと余白をもうけてデザインしてもらったのにそんなことになってしまって、デザイナーさんはとても残念がっていましたね。Facebookというのは、とにかくいろんな仕様を予告もなしにいきなり変更するのが当たり前だと思っているところがあって、例の何種類かの「いいね!」だってもう有無も言わせず導入してしまったりしてましたからね。まあ、それは別に使わなければいいだけのことですが、こういうわけのわからないことをやられるのは本当に困ります。
 でも、そういうことだったら、こっちにも考えがありますよ。原因は分からないけどそんな風に広がってしまうのが当たり前なんだったら、それに応じてこちらも最初から広がることを見越して画像を作ればいいだけの話です。そこで、いただいた画像の右側と下側の空白を、少し拡大した画像を作ってみました。
 はみ出したところはどうせ消えてしまうのですから、真っ白でもいいのですが、念のため元の画像をコピーしておきます。これをはめ込んだら、見事に上のようなどんぴしゃのレイアウトになって表示されるようになりましたよ。もうこうなると、Facebookとの戦いですね。今回は私が勝ちましたけど、この先またどんな意地悪なことを仕掛けてくるのでしょう。
 その定期演奏会のちょうど1週間前に、私は合唱のステージを控えているんですね。実は昨日のニューフィルの練習は木管だけのパート練習だったので、トレーナーに仙台フィルのMさんがいらっしゃってました。そこで、オケの人たちはこのコンサートではどんなことを言われているのか、と思ってちょっとお話をしてみたら、なんでもそのステージではいつもの燕尾服は着ないことになっているのだそうです。つまり、「照明の関係」で、白いところのない真っ黒な衣装を着る、というのですね。どうやら、「幻想」が終わった時に場内を真っ暗にして、その間に何かセッティングを変えたりするようなのですね。ということは、休憩なしでいきなり「レリオ」が始まったりするのでしょうか。まあ、この間東京で聴いてきた「戦争レクイエム」も1時間半休憩なしでしたから、それはあり得ないことではありませんね。
 ということは、我々合唱団も、同じような真っ黒なステージ衣装になるのでしょうか。なんか、途中からホールの中に入ってくるだの、オケと客席との間で歌うだのと、いろんな噂が飛び交っていますが、そういうことをやるんだったらスーツに蝶ネクタイというのはちょっと合わないですよね。実は、私はこの演奏会では、普通の蝶ネクタイと言われた時に、ダークスーツとタキシードのどちらを着ようか迷っていました。オケではタキシードは珍しくありませんが、合唱では、少なくとも仙台の合唱団のコンサートではまず見かけませんから、私だけがタキシードだとさぞ目立ってしまうだろうな、と心配しているんですよね。でも、それが真っ黒の衣装になるのなら、その問題は簡単に解決してしまいますけどね。
 いや、ニューフィルでも「いぶし銀」とか言ってますから、たまには真っ黒でもいいかもしれませんよ。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-03-02 21:26 | 禁断 | Comments(0)