おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
領収書のあて名に「仙台ユーヒル」と書かれたことがありました
 最近よく行くようになった中華料理のお店の向かいに、こんなマンションがあります。いつも気になっているので、その写真を。
 ま、何のことだかわからない人は、いいですから。
 おととい導入したWIFIルーターですが。いろいろ試しながら使っていると、だんだん新しいことが分かってきます。最初にWIMAX2+だけだとほとんど電波が検知できないほど状態が悪かったものが、LTEを併用すると見違えるように感度が上がったということは先日書きましたが、実はそうなると料金も上がってしまうんですよね。それを使った月には、加算されてしまうんです。それと、一応定額料金の契約をしたのですが、そのような時にはLTEの分だけで月に7GBまでしか使えないんですよ。それを超えると、一気に128kbpsになってしまうんですって。ちょっと使っただけで1日に0.3Gぐらい使ったことがすぐわかるようになっていますから、この調子で1か月使い続けたら、確実にオーバーしてしまいますよ。
 ですから、できるだけLTEは使わないようにできればいいのですが、なんせこんな電波状態ではねえ。と思いつつ、LTEを外してみると、アンテナは1本も立っていないのにちゃんと使えるじゃないですか。前のWIMAXでは確実に止まっていたものが、2+になったらそんな状態でも楽々ネットが使えるんですね。これだったら、制限量を気にしながらLTEを使わなくても済みそうです。
 ただ、どうやら午前中あたりは極端に電波状態が悪くなるようで、たまに止まってしまうことが起きるようになってました。その時には、ちゃんと「圏外」という文字が表示されるんです。そして、それはちょっと待っているとまたすぐつながります。ですから、普通にネットを使う分には全く支障がありません。ストリーミングでNMLなんかを聴くのは、午後か夕方にすればまず大丈夫でしょうし。ということで、とりあえずは追加料金なしで切り抜けられる見通しが立ちましたが、今後どうなるか、お楽しみです。
 そんな環境が整ったので、このところそのNMLをじっくり聴くことができるようになりました。最近はPCからの音を聴く環境も変わったので、以前よりは良い音で聴けるようにはなり、NMLの音も結構聴けるじゃないか、とも思い始めていたところなのですが、短時間、ちょこっと聴く分にはそのように思えても、やはりアルバム1枚分を聴いたりすると、どうしようもない音なのがばれてしまいますね。ハイレゾだといつまでも聴いていられるのに、このAAC+ (128kbps)だと、段々疲れてくるんですよね。もう1枚聴き終わるとグッタリです。それと、これはこのサイトの最大の欠点ですが、トラックの切れ目で音が途切れてしまうんですよね。そのトラックは曲の切れ目だけではなく、長い曲では音楽の途中でも切れていますから、続いていた音が急にバッサリなくなってしまいます。これがいかにひどいことかは、普通にクラシック音楽を聴いている人ならすぐわかるはずです。というか、これを配信している人は、実際にこれを聴いたことがないのではないか、とすら思ってしまいます。もし、聴いていたのなら、こういう状態を技術的に克服するための努力は決して惜しまないはずです。というか、こういう状態を放置している担当者は、その仕事を続ける資格はありません。Q&Aを見ると「現在、海外本社により本件を回避するための開発作業を検討しております」とありますが、こんな言い方だときっと何もやってないことがすぐに分かります。
 なんでも、最近ここにはさるメジャーレーベルの音源が何千点も加わったのだとか。それはとても歓迎すべきこと、おそらくそれを目当てに契約するひとがたくさん現れることでしょう。しかし、その人たちは、この状態を知って一様に失望感を抱くはずです。いつまでもこんな欠陥を放置していたら、いずれ墓穴を掘ることは目に見えていますよ。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-03-18 21:23 | 禁断 | Comments(0)