おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Carnet de bord
c0039487_21111796.jpg


Daniel Hill(Pf)
Sofi Jeannin/
Maîtrise de Radio France
RADIO Franc/FRF 036




タイトルといいアーティストといい、フランス語尽くしのアルバムです。「カルネ・ド・ボール」は「航海日誌」、「メトリーズ・ド・ラジオ・フランス」は、「フランス国立放送児童合唱団」というのが日本語訳だ、というのが代理店による一つの提案です。ここでちょっと問題なのが、「児童合唱団」という訳し方。確かに辞書を引くと「聖歌隊」のような訳語が出ていますから間違いではないのかもしれませんが、フランスの合唱に詳しい方に言わせれば、これは「児童」とは言っても「女声」だけに限られた団体を指す言葉なのだそうです。「少女合唱団」ですね。
そんなことを知ったのは、大昔に「メトリーズ・ガブリエル・フォーレ」という合唱団が歌ったアンリ・トマジの「コルシカの12の歌」というLPが出た時に、音楽雑誌でそのようなことを書いていた人がいたからです。余談ですが、このアルバムはいまだにCD化されず、「幻の名盤」になっています(その後、再録音されたCDが出ましたが、それは同じ人たちが歌ったとは思えないお粗末な演奏でした)。確かに、この合唱団は高校生ぐらいの少女だけがメンバーでした。さらに余談を重ねると、この団体のウェブサイトが見つかったので覗いてみたら、そこにあった写真には絶対に「少女」ではありえないおばはん、というか老婆たちが写っていました。この「少女合唱団」には年齢制限がなかったのでしょうね。かつての少女たちは、年を重ねても居座っていたために、こんな団体名とは背くような現実が待っていたのでした。
この、1946年に創設されたラジオ・フランスの少女合唱団では、そんなことはなくきっちりとまだ「少女」である内に「卒業」してくれるのでしょう。なんでも、オーディションによってフランス全土から集められた少女たちは、奨学金をもらって小学校レベルから大学卒業レベルまでの教育を受けつつ、音楽関係の多彩なカリキュラムによって日々訓練されているのだそうです。現在、そのような「生徒」は170人ほどいるそうですから、コンサートやレコーディングではその中から選抜されたメンバーが歌うのでしょうね。厳しい世界です。
ですから、その音楽的なレベルはかなり高く、昔からメシアンなどはその演奏を気に入っていて、自作にも起用していました。ピアノやオンド・マルトノが加わったオーケストラと女声合唱による「神の現存のための3つの小典礼」という彼の作品が、1959年に彼女たちによって演奏されたこともありました。さらに、合唱団からの作曲家に対する委嘱も積極的に行われたようで、クセナキスが作ったいくつかの児童合唱を含む作品はその結果生まれたものです。
初代の指揮者はマルセル・クーローが務めました。そして、7代目となる現在の指揮者が、2008年に就任したスウェーデン生まれのソフィ・イェアニンです。
最初に歌われているのはアンリ・デュティユーの「航海の歌」という、船乗りの歌などの伝承歌を無伴奏女声合唱のために編曲した多くの曲集から、第1巻と第2巻からの抜粋です。我々にはなじみのない歌ばかりですが、きっとフランス人だったら誰でも知っている歌ばかりなのでしょう。それを、この合唱団はとても訓練の行き届いた声で楽しそうに歌っています。確かに、日々の訓練が実っているな、という感じがしますし、それでいて適度にアバウトなところも残しているあたりが好感が持てます。というか、この年頃の女声でなければ絶対に出せない雰囲気を、見事にくみ取って音楽に生かしているという感じです。このあたりのテイストが本物の「メトリーズ」なのでしょう。男の子では消臭が必要(それは「ファブリーズ」)。
次のダニエル=ルシュールの「3声の有名な歌」は、各地の民謡などの、やはりよく知られた曲を編曲したものです。スイス民謡の「ホル・ディ・リ・ディ」だけ知ってました。
そして、最後がベンジャミン・ブリテンがウィーン少年合唱団のために作ったオペラ(作曲家は「ボードヴィル」と呼んでいたそうです)「ゴールデン・ヴァニティ号」です。「少年」のために英語で書いたものが、ここでは「少女」が「フランス語」で歌っているというあたりが、なかなかなところでしょう。ピアノ伴奏がかなりヘンタイ。

CD Artwork © Radio France
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-03-23 21:15 | 合唱 | Comments(2)
Commented by ひろひろ at 2016-04-08 05:45 x
いつも楽しく読ませていただいてます。
maîtriseが少女合唱団に限るというのは初耳です。少なくともネットでmaîtrise de Radio Franceの画像を探しますと、少数派ながらも男の子もちゃんと入ってますね。
Commented by jurassic_oyaji at 2016-04-08 08:08
ひろひろさん、コメントありがとうございます。
そうなんですか。某評論家(故人)の受け売りだったのですが、もっと裏をとるべきでした。