おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
武満徹のフルート曲が演奏されます
 大型連休に突入、私の場合は基本的にカレンダー通りの休みですから、とりあえず3連休は取れることになります。2週間連続の本番ということで何かとあわただしい生活でしたが、ここでやっときちんとした休息をとることができることでしょう。とは言っても、休日となれば休日ならではの過ごし方が必要になってきますから、それほど「休む」ということは期待できません。ということで、いつも通りに車で花屋さんまわりとかに付き合わされることになるのです。
 いつもの、愛子にある花屋さんに行った後、愚妻が秋保方面に行ってお昼を食べたいと言い出したものですから、とりあえず錦が丘経由で秋保温泉の方に向かいます。そこへ行く道すがら、そういえば近々秋保でフルートのコンサートがあったのを思い出しました。その案内はこちらのチラシにあります。実は、このチラシは、この間「レリオ」を一緒に歌ったメンバーで、昔同じ合唱団にいて何十年ぶりかに再会した人からいただいたものです。その人が、なんとご自分の家を会場にして、小泉浩さんという、かつては現代音楽の分野では第一人者だった方のリサイタルを開いていて、その2回目をもうすぐ開催することになっているのですよ。チラシをいただいた時には、小泉さんと知り合いだったり、自宅でコンサートを開くだけのスペースを持っているだのという、とてつもない話にちょっとたじろいでしまいましたね。もちろん、彼は私がフルートを吹いていることも知っていて、ぜひ聴きに来てほしいと言っていたのですが、あいにく当日はすでに別の用事が入っていて行くことはできません。でも、そのご自宅だけは、ちょっと興味があったので、機会があったらぜひ行ってみたいとは思っていました。そこで、たしかバッグの中にそのチラシがあったはずだと探したのですが、あいにく全部別の楽器を入れるカバンの方に入れてしまっていたので、ありませんでした。地図がないとまず行くことはできないぐらい辺鄙なところだったように聞いていましたから、今日はやめにしましょう。
 とりあえず、愚妻が1回行ったことがあるというこのホテルのレストランに行ってみようとしたら、駐車場はガラガラ、中に入ってもお客さんは誰もいませんし、レストランをのぞいてみると店員さんがお客さんを待っている状態でしたし、メニューも高いだけでそれほど魅力がなかったので、ここはやめてもっと中心部に近いホテルに行くことにしました。
 そこは、やはり「伝承千年の宿」というだけあって、人も多くレストランもそこそこにぎわっていました。うまい具合に名取川を見下ろせる窓際の席が空いたので、そこからの絶景を楽しみながら、天ざるを注文します。
 おにぎりが付いてきたのにはびっくりしましたが、それがとてもおいしいし、天ぷらも絶品でした。これでおそばがおいしければ言うことはないのですが、私はそばにはうるさい方なので、これはちょっと、でしたね。帰りに「さいち」に寄ったら、連休なのにかなり空いていてお店の前の駐車場に駐車できるという、とてもラッキーな目に遭いました。
 帰って考えてみたら、さっきのコンサート会場の地図はニューフィルのサイトからリンクしてあったのでした。そこで、それと実際の地図とを比べてみたら、全然違ってましたね。これだったら、たとえ地図があっても絶対に行けませんでした。もし行かれる方は、事前にネットなどで調べておいてください。グーグル・アースだと、こんな風に見える丸い建物が、たぶんそうです。

[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-04-29 20:52 | 禁断 | Comments(0)