おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
「むず恋」の方が、まだ楽しめました
 きのうは、ニューフィルはパート練習の日でした。木管はいつものように私の職場が会場になります。ここは、あくまで私が個人的に自分の趣味として使っているという趣旨で貸していただいているわけですから、管理はすべて私がやることになっています。ですから、この間練習の日に仙台フィルの合唱のリハーサルが重なって休まなければいけなかった時には、鍵を開けてから仙台フィルの方に行って、それが終わってからまた職場に戻って鍵を閉める、ということをやっていましたね。
 それほどのことがなくても、パート練習で降り番の曲をやったりするときでも、私は最初と最後には必ずいなければいけませんから、ちょっと時間が半端になってしまうこともあります。きのうがそんな感じ、後半に私は本番には乗らない「未完成」が予定されていたので、それをやっている1時間半ぐらいの間はヒマになってしまいます。それでも、家まで帰ってなにかするほどの時間はありませんから、いっそ、その時間に同じところで普通家でやっていることをやってみようかと思いました。具体的にはこのサイトの更新です。この時間は、もう職場は閉まっているのでそこのPCは使えませんから、自宅のノートPCを持っていきました。ただ、そこで問題になるのがネット接続です。職場はそういう点では全くの後進地帯ですから、もちろん社内WIFIなんてありません。ですから、私はモバイルWIFIを使ってます。
 ただ、それは、前のものよりは格段に感度は上がっているとはいえ、条件が悪い時にはネットにつながらなくなってしまうほど、電波状態に左右されてしまいます。きのうなどはその最たるもので、もう5分おきに「圏外」になってしまったりしますから、ちょっと往生しましたね。普段はそこまでひどくはないのですが、やはり雨が降ったりするとダメなものなのでしょうか。
 ですから、それを、練習に使う会館に持って行ったら、もっとひどいことになるのが予想されていました。普通の携帯電話でも、なんだか感度が悪そうなんですよね。やっぱりお墓が近いからなのでしょうか。まあ、ですから、最悪更新だけはやっておいて、転送は家へ帰ってからでもいいかな、ぐらいの気持ちで、練習の私の出番が終わった時には考えてみました。ところが、いざWIFIをつないでみると、こんな感じでアンテナ表示が立っているんですよね。
 いやあ、この実物のディスプレイでこんな風にフルで立っているところなど、初めて見ましたよ。同じ敷地でも、こちらだと全然ネットの感じもサクサクできますから、いままで職場で苦労していたのはなんだったのか、という気になってしまいました。もちろん、1時間もかからずに更新は終わり、転送も全部済ませることが出来ましたよ。
 ですから、今朝になって実際にそのあたりを確かめてみようと、このWIFIを持って建物の中の電波状態を細かく調べてみました。そうしたら、やはり会館はきれいに3本立っていますが、私の部屋のあたりの少し前で、ガクンと感度が下がってしまうことが分かりました。さらに、外に出てみて建物のまわりも調べたのですが、やはり、私の部屋の前、つまり、建物の南側では感度が低くなっているんですよね。逆に北側だと感度が良くなるという。ということは、北の方にアンテナ(実物)が立っているのでしょうか。まあ、今日はいくらか雲も少なかったようで、それほどネットが止まるようなことはありませんでしたけど。
 突然ですが、「ラヴソング」終わりましたね。始まる前はとても楽しみにしていたのに、見終わったら失望以外には何も残りませんでした。全然「ドラマ」になっていなかったじゃないですか。いったい何があったというのでしょう。例えば、「スープ」の位置づけ。あの曲はもっと深い意味があって、それが最後にあかされて泣けるのかと思っていたのに、肝心の結婚式の場面は中途半端だったし、さらにフルコーラスを空一に歌わせるなんて耐えられません。そしてあのエンディングでしょ?直前にあんだけの伏線があってあれはないですよ。神代があまりにもかわいそう。ただ、そこまでの神代の描き方があまりにぞんざいだったので、あれでも構わないのかな、とも思えますがね。結局、すべてにおいてぞんざいだったんですよ。このドラマは。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-06-15 22:31 | 禁断 | Comments(0)