おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
明日は、オルガンのある礼拝堂で練習
 1年以上前に「タケノコ掘りたいかい?」の写真を撮ってサイトにアップしたら、なんだか服装のせいなのでしょうか、ちょっとおなかがうっすらと膨らんでいるように写っていました。まあ、それは私の目の錯覚だろうと思っていたのですが、それを見た知人が「なんだか、おなかが出てきたんじゃない?」なんて言い出したものですから、俄然そんな現実に直面しなければならなくなってしまいました。
 考えてみれば、毎年の定期検診の時のメタボ検査でも、胴回りがあと1センチで許容量を超えるというところまで来ていましたから、どうやらそんな体型に本当になってきているようなのですね。体重も、ヘタをしたら65㎏ぐらいになっている時もありましたし、風呂上がりの体を横から鏡に映してみると、それは紛れもない「肥満体」なんですよね。昔からそんなに太れない体質だと勝手に思っていたので、別に食べるものとかにはあまり気にしないでいたのに、やはり人間、太るときは太るもんなんですね。
 それからというもの、別にダイエットというわけではないのですが、極力甘い炭酸飲料などは控えるようにしてみました。今までだと、ジンジャエールの500mlボトルを1日1本ぐらい飲んでいたものをスッパリとやめて、炭酸水だけを飲むことにしたんですね。それと、マンションの階段を、昇りはちょっと辛いので、せめて下りだけでも、と、階段を使うようにしました。下りとは言っても7階から降りますから、手すりにつかまって踊り場を遠心力で曲がったりすると、けっこうな運動になるんですね。
 そんなことを続けていたら、なんだか体が軽くなったような気がしてきました。実際、ジーンズなどはもうウエストがユルユルになってますしね。あと、ステージ用のタキシードを買った時に、「あなたの体型ではAB体でなければ入りませんっ!」と言われて、仕方なくそのサイズにしたのですが、最近はもうなんだかダブダブのような感じがするようになってきましたし。
 ですから、体重計に乗るのが楽しみになってきました。特に、オケの練習が終わった後などは、もう神経を使い切ってヘトヘトになってますから面白いように体重が少なくなっているのですね。それが最近はほぼ60㎏台に落ち着いてきました。最少だと60.3㎏、あと少しです。
 そして、火曜日に練習が終わってから、家へ帰ってお風呂に入り、体重を測ってみました。そうしたら、
 ついに、私にとっては、何年ぶりかの50㎏台になっていましたよ。この数字を見ただけで、もう別人になったような気分ですね。
 でも、これはあくまで練習後に測った時の体重であることは忘れてはいけません。おそらく、普通の日に夕ご飯をおなか一杯食べた時にはもっと増えているはずなのでしょうね。でも、そういう時には私は決して体重計には乗りませんから、それがどのぐらいなのかは全く分かりません。
 今日は少し時間があったので、3月にやった室内オケの録音を編集してCDにするという作業をやってみました。今までずっと私がこの仕事をやらせてもらっているので、誰よりも早く(指揮者よりは後ですが)・・・とは言っても、もうだいぶ経ってしまいましたが・・・録音を聴くことができるのが楽しみです。この時にはシューベルトの「グレート」で1番を吹いていたのですが、最初にフルートが出てくるところで私の音が聴こえてくると、なんだかとてつもないエネルギーみたいなものが感じられたのには驚きました。たぶん、このホールの音響が素晴らしいのでそんな風に聴こえるのでしょうが、自分のことながら「このフエすごい!」って思ってしまいましたね。
 これも含めて、この室内オケの録音は全部HDDに入れてあって、それをついでにfoobar2000で聴いてみたら、別のホールで録音した最初のコンサートの時のフルートは、それほどのことはありませんでしたね。8月6日のシベリウスは、どんなふうに録音されているのでしょうか。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-07-15 22:05 | 禁断 | Comments(0)