おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ハイレゾ配信系のいい加減さは目に余ります
 朝ドラは快調に高視聴率を維持しているようですね。毎週のランキングで1位にならなかったことなんてなかったのではないでしょうか。オリンピックなんかがあっても全く関係なく独走を続けていましたね。1回だけ、10分ちょっとでしたが全局同時に放送していたトーク番組があったので、あれには負けたかな、と思ったのですが、なぜかそれは視聴率はカウントされていなかったようですね。なぜなのでしょう。というか、あれはそもそも「番組」ではなかったのかもしれませんね。なんたって「玉音」ですから。
 視聴率が高いのはいいのですが、ドラマと現実との間にかなりの隔たりがあるのが気になります。でも、逆にこれはドキュメンタリーではないのですから、あまり「史実」にこだわるのもどうかな、という気はしますね。
 ですから、今週の朝ドラは、商品テストも始まって、これからいよいよ「暮らしの手帖」の最も輝いていた時期が描かれていくのでしょうが、その波に乗って行われた「クラシックレコード」の「テスト」に関しては、決して扱われることはないはずです。それがどんなものなのかは、こちらにまとめてみました。要は、あくまで「商品」としての「レコード」に優劣をつける、というやり方です。いろいろご意見はあるかもしれませんが、私自身はこの記事にいたく感銘し、今でも影響を受けていると思っています。やはり、CDやら、ダウンロードの音源は「商品」であることに変わりはないのですから、消費者の満足のいくものを作ることが絶対に必要です。もちろん、音楽それ自体は全く個人的な趣味に作用されるところが大きく、これを一つの基準で決めつけて優劣をつけるのは明らかに間違っています。そうではなくそれ以前のところで全く消費者のことを顧みていない「商品」があまりにも多すぎると、いつも感じています。編集ミスで音が途中でなくなっているようなものを平気で売り付け、そのことを指摘しても何の対応もなされない、というレコード会社はいくらでもありますからね。
 ちょっと微妙なところでは、単なる身内だけの間で聴かれる程度のお粗末な演奏なのに、普通の販売ルートに乗っている商品というのもありますね。かつては「レコードになっているのだから、一応の水準に達しているものだ」という認識があったはずなのに、そんな認識は完全に今ではなくなってしまいました。こういうものも、やはり縁もゆかりもない人にまで買ってもらおうという図太さには、しっかり釘をさす必要があるのでは、と思っています。実は、今日聴いた、合唱団もオーケストラも、そして指揮者も全く聞いたことのない人たちが演奏した「ロ短調」のCDなどは、一応オーケストラはまともなのですが、合唱が完全なアマチュアで、練習もしていないし、そもそも団員のレベルがかなり低いものですから、もう聞いていられないほどのひどさなんですよ。それが、普通のレーベルから、2枚組ですから4000円ぐらいで売られているのですね。まあ、そんなに有名なレーベルではありませんし、輸入盤ですから、買うのはかなりのマニアだけ、こんな演奏でも笑ってすまされるぐらいに寛容な人たちなのかもしれませんが、もし、今まで「ロ短調」を聴いたことがなくて、試しに聴いてみようとこのCDを買った人がいたとしたら、それは悲劇以外のなにものでもありません。だから、わたしはこういうCDを見つけた時には、「買ってはいけないCD」として、その劣悪さを知ってもらうためにネットにエッセイをアップすることにしています。
 そんなラディカルなことをやっていた人を演じているのが唐沢寿明だと聞いたときには、ちょっと違うのでは、と思ったのですが、とりあえずさまにはなっているようですね。ただ、あまりに頑固な面だけを強調しているあたりが、やはりドラマだな、という気にはなってしまいます。
 彼の妻を演じているのが奥貫薫だというのも、なんだか変な感じです。この二人は三谷幸喜の「ラヂオの時間」という映画で共演していましたよね。もう20年近く前に作られたものですが、この機会にもう1回見直してみようと録画してあったのを見てみたら、唐沢はあまり変わっていなかった(役の上でも)のに、奥貫は全くの別人になっていましたね。映画を見た時にはとても魅力的だったのですが、今ではすっかり輝きがなくなってしまって、「影の女」みたいな役回りが多くなっているのが、とても残念です。

[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-08-26 20:26 | 禁断 | Comments(0)