おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
故米倉さん、若いですね
 きのうの「おやぢ」で取り上げたシンガーズ・アンリミテッドの音源ですが、あれから調べてみたらすでにほとんどのアルバムがハイレゾでダウンロードできるようになっていたことが分かりました。きのうの時点で見てみたのは例の「e-Onkyo」だけで、そこでは「In Tune」と「A Cappela I」の2枚だけが、それぞれ88.2/24のWAVとFLACとで配信されていました。アルバムでしか販売されてなくて(1曲だけでは買えません)、価格は税込み3240円です。
 ただ、現在のMPSのサイトに行ってみると、どうやらハイレゾの音源は扱っていないようなのですね。サイトから買えるのは「digital」、「audio tape」、「vinyl」、そして「cd」なのですが、「digital」というのはハイレゾではなく「AAC」なんですよね。「vinyl」は私が買ったもの、さらに、きのうも書きましたが「audio tape」というのがすごいですよね。オープンリールのテープですよ。サイトのスペックでは「38cm/sec」としかありませんが、おそらく2チャンネル、いわゆる「2トラサンパチ」という、それこそ往年の最高峰のオーディオ・ソースでしょう。かつて「寅さん」にも、これが登場していたことがありましたね。それは1972年に公開された第10作目の「寅次郎夢枕」、米倉斉加年が「インテリ」役で、とらやの2階に下宿するという設定でした。その、本来は寅さんの部屋だった殺風景なところに、米倉さんはすごいオーディオ装置を持ち込んでしまいました。ここで聴いていたのは「ワルキューレの騎行」でしたね。
 そのメインとなっていたのが、この「2トラサンパチ」、TEACのA-7030GSLという機種です。この頃は、こういうマニアのために録音済みのテープが販売されていました。実は、今でも本当にわずかですが、これがまだリリースされています。それを、この新生MPSも行っているのですよ。なんでも、1本のテープにはLPの片面分の音が入っているのだそうです。つまり、レーベルがカッティングの際に用いたカッティング・マスターと全く同じものがコピーされて入手できるということですね。
 アナログではそんなマニアックなことをやっているのに、デジタルではそんなに音にはこだわっていません。「AAC」なんて、あの悪名高いNMLと同じスペックですよ。2トラサンパチに比べたら雲泥の差のはずなのに。
 ですから、いくらe-Onkyoが88.2/24を配信しているとは言っても、その出所はちょっと怪しげな気がしたので、いったいこのデータはどこが用意したものなのか、調べてみました。moraでは、同じ2つのアルバムが、やはり88.2/24のFLACだけでしたが、ドイツの「Highresaudio」というところを見てみたら、なんと全15枚のオリジナル・アルバムのうちの13枚までが、88.2/24FLACで配信されているではありませんか。「Christmas」は無くても当たり前ですから、「Sentimental Journey」が抜けているだけです。ということは、日本だけで勝手に作られたわけではなかったのですね。それで一安心、というか、こんなものが見つかってしまってほとんど狂喜状態ですよ。しかも、このサイトだとアルバム1枚が15ドルですって。今のレートだとe-Onkyoの半額ですよ。これはもうダウンロードするしかありません。
 なんだか、アカウントを作るのに何回もエラーが出たり(パスワードの設定)、クレジットカードもなかなか受け付けてくれなくてちょっと苦労しましたが、無事「A Cappela I」がダウンロードできました。とりあえず、自宅でPC出力で聴いてみると、曲間のスペースが全然ないとか、何か所か気になるところがあったので、明日職場でしっかりとチェックしなおしましょう。他のアルバムをダウンロードするかは、その結果次第です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-09-25 21:50 | 禁断 | Comments(0)