おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
「えき」って音読みなんですね
 きのうのニューフィルの練習は木管の分奏でした。会場はいつもの会館、私は鍵を開け、照明を少しだけ点けておいてから、晩御飯を食べに出かけます。いつも行っている中華のお店ですが、最近ちょっと気になることがあったので、それを確かめる必要もあったものですから。
 それは、チャーシューメンの中に入っているチャーシューの枚数です。以前は確かに5枚入っていたはずなのに、最近になってそれが4枚になってしまっているんですよね。でも、その5枚というのは、もしかしたら私の勘違いなのかもしれない、と思うようにもなっています。「本当に5枚だったのか?」と強く問われたら、答えるだけの自信がありません。そこで、これからはチャーシューメンを頼んだ時には写真を撮って、枚数を記録しておこうと思いました。まずは、その「商品テスト」のスタートということで、頼んだチャーシューメンを見てみたら・・・
 ちょっとこの写真では分かりずらいですね。もうちょっとアップして、
 これならわかるでしょう。どうやら5枚入っているようですね。もちろん、現物にも5枚入っていましたよ。ということは、やはり5枚入っていたことは間違いなかったのです。それが4枚になったのは、今にして思えば1枚1枚のチャーシューの大きさ、というか面積が大きい時のような気がします。大きさによって、4枚か5枚を選択していたのですね。
 でも、これはもう少しデータが集まらないと、確実なことは分かりませんから、引き続きサンプリングを続けることにしましょうね。そのうち、チャーシューの大きさを測りはじめたりして。
 食べ終わったらまたさっきの会館に戻ります。結局これが本番前の最後の分奏ということで、なかなかちゃんと合わせることが出来なかったところが納得のいくまで確認できて、収穫の多い練習でしたね。
 終わることには外は真っ暗になっていました。この会館の前の駐車場は少ないので、私は車をちょっと離れた本堂の前に置いておきました。そこに、本堂に向かって置いてあった車に乗り込んで前を見ると、暗闇の中で、本堂に通じる階段の前に、なんだか物が置いてあるのが見えました。いや、よく見てみるとそれは生き物、それも服を着た人間のようですね。ここでエンジンをかけると、ライトが付いてそこに当たりますから、それが何なのかは分かるはず、でも、それをちゃんと見るのがものすごく怖くなってきましたよ。よく、明かりが当たった瞬間に起き上がったりすることがありますからね。それが、こっちに向かってきたりしたら、どうしましょう。でも、車を動かさなければ家に帰れませんから、勇気を振り絞ってキーを回すと、そこに浮かび上がったものは・・・・・

 とにかく、今はこうしているので、私はなんともありませんでした。でも、世の中には本当に理解の出来ないようなものはいくらでもあるんですね。
 これは、地下鉄のエレベーター。なんでも今日から4か月ぐらい、工事で使えなくなるんですって。困る人もいるでしょうね。
 ですから、「お困りの方」に向けてのメッセージが貼ってありました。でも、「お知らせ」したところで、どんな解決策があるのか、私には全く理解できません。
 それより「駅務員」は「駅員」とは違うのでしょうか。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-10-05 21:32 | 禁断 | Comments(2)
Commented by やさぐれ主婦 at 2016-10-05 23:20 x
階段しか無い駅で駅員さんが機械を使って車イスの方を昇り降りさせているのを見たことが有ります。(車椅子階段昇降機と言うようです)
他には荷物を持ってる場合は駅員さんが持ってくれるとか、そういうお手伝いをしてくれるんでしょうね。
Commented by jurassic_oyaji at 2016-10-05 23:42
やさぐれさま、コメントありがとうございます。
たぶんそういうことなんでしょうね。でも、この駅には昇降機のようなものは見当たらなかったような。今度調べておきます。