おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
まだ、ダウンを着るほどではありませんが
 急に寒くなりましたね。とうとうコートを着て通勤ということになってしまいました。ちょっと前まではTシャツの上にシャツを着ただけだったのに。ですから、ニューフィル練習日前の恒例の「とらの子」も、今までは麺類はちょっと暑かったのにもうちょうどいい感じになった来ましたね。そこで、いつものチャーシュー・チェック。今回もしっかりと5枚乗ってましたが、この間よりは小さいかな。でも、それよりも前回はちょっと引っかかって、ブログのタイトルに忍ばせていた、面のゆで具合が、きのうは全然問題がなかったんですよね。ますます、店主が私のブログを見て、それを調理の参考にしているという「疑惑」は、真実味を増してきました。なんて。
 そこからは、道もすいていたので、いつもより早めに練習場に着きました。とは言っても、普通は誰かは来ているような時間なのに、なんと私の前には誰も来ていませんでしたよ。そこで、鍵をもらって来て中に入り、照明を点けたりしていると、ぼちぼち他の人もやってきました。誰かが「ちょっと寒~い」と言ったので温度計を見てみると、室内の気温は20°、まあ、これから締め切ったところに人が入ればこれがどんどん上がって、逆に暑くなってしまうので、暖房はいいかな、という感じでした。この市民センターの場合、こういう微妙な時には言わないと冷暖房は入れてくれません。
 でも、練習が始まっても一向に温度は上がらない様子、基本的に暑い時に練習するのは嫌な私も後半には少し厚着にしてやっとちょうどいいぐらいでしたから、まわりには寒さでブルブルしている人もいましたね。おそらく、外気温が急激に夜になって下がったからなのでしょう。これだったら暖房を頼んでおいてもよかったな、と思っても後の祭りでした。でも、もう少しすると日中は夏日になる日もあるのだとか、なんだか難しいお天気が続きます。
 ですから、遂に自宅でも石油ストーブを入れてしまいましたよ。そこで、タンクに石油を入れようと思って去年まで使っていた電動の給油ポンプを点検してみると、スイッチを入れても全然動きません。電池切れかな、と思って新しいのに交換しても、全く動く気配がありません。そういえば、去年はスイッチの接点が少し気まぐれになっていたような気がします。それが、とうとうダメになっていたのでしょうね。そこで、新しいポンプを買おうとホームセンターに行ったら、同じ電動ポンプの横に、「電池の要らないポンプ」というのが置いてありました。まあ、昔はみんなそんなタイプだったのですが、これはそれよりはちょっと大げさな感じ、何でも、タンクの中に空気を送り込んで、その圧力で石油を出す、という仕組みなのだそうです。確かに、タンクは密閉されていますから、その中の空気を圧縮すればそのぐらいのことはできるのでしょう。まあ、電池を交換するのも面倒になってきたので、ちょっとこれを試してみることにしました。
 それは、説明書の通りにポンプの先を何回か押し込んで行くと、次第に圧力が感じられるようになってきましたから、そこでホースの先のバルブを開いてタンクにあけると、石油は出てきました。でも、それは思ったほどの勢いはなく、ちょろちょろと出たところでもう止まってしまいましたね。それは、おそらくタンクにもう一つある蓋の気密性が悪くなっていたせいだな、と思いました。もう長いこと使っていて、フタのパッキングは完全にへこんでいますから、空気どころか、中の石油さえもその蓋の間からしみだしてくるぐらいですからね。そこでまず、新しい蓋を買ってきました。同じホームセンターで1個100円。確かに、よく見てみると、
 古い蓋はパッキング(白い部分)が完全にへこんで筋が出来ていますが、
 新しい蓋はそこがまっ平らですね。その蓋に替えて、ポンプを動かしてみたら、前とは全然手ごたえが違っていて、もうこれ以上は押せない、というところまで来ます。そこでバルブを開けると、勢いよく灯油が出てきましたよ。とは言っても、この感じで1回チャージしても、とても満タンにはならなくて、同じことを5~6回は繰り返さないといけないみたいですが、まあそのぐらいの方が間違って石油をあふれさせることもないので、ちょうどいいのではないでしょうか。
 今シーズンもまた、スタンドまで行って灯油を買ってくるという苦行が始まることになるのですね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-11-02 22:29 | 禁断 | Comments(0)