おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
いつも椅子並べをやってます
 きのうは今年最後のニューフィルの練習でした。結局、今年は1日も休まずに出席できましたね。管楽器の場合、その日の練習ではやらない曲に乗っているという「降り番」があるので、行く必要がないことがあるのですが、私の場合はそういうこともなかったので本当に全部の日に出席でした。あ、でも、1日だけ台風で一旦「中止」となったものが、結局お天気は回復したので何人かは集まったという日がありましたね。私は、そんなところに行っても本来の合奏は全く期待できないので最初から全く行くつもりはありませんでしたから、これは正規の練習日とは認めませんから。
 私の場合は、全部出席しただけではなく、遅刻も1回もなかったはずです。いや、というより「遅刻は出来ない」といった方が正しいでしょうか。なんせ、準備もしないでソロを吹いたときのみじめさは何度も味わっているので、合奏が始まる前には十分に楽器と体を温めないことには不安でしょうがないんですよね。というか、それが一人で1パートをまかされている管楽器奏者の最低条件だと思っていますから、少しでも早く練習場に到着してウォーム・アップをする、というのは絶対欠かせないルーティンになっています。そうでないと、弦楽器の人たちに申し訳ありません。きのうの練習でも、チェロやヴィオラのパートからは、もうそのまま本番を迎えてもおかしくないほどの、完成された音が聴こえてきてましたからね。
 時間は少し戻りますが、仕事を終えてまずは晩御飯を食べようと、いつもの中山のてっぺん付近にある中華料理店に向かいます。その時間だと普段はあんまりお客さんはいないのですが、きのうはけっこう混んでいて、いつもだったら私が一人で占領している真ん中の大テーブルにも、もう一人のお客さんがやってきました。もう私が注文したのは来てたので、それを食べることに集中していたのですが、ふと目をあげて横を見ると、そのお客さんは私の知り合いでした。もちろん女性です。こんなところでは絶対に会うはずはないのですが、考えてみると彼女の家はそんなに遠くはありませんから、まあいてもおかしくはないのでしょう。でも、驚きましたね。それからは、お互いに最近のことに関しての情報交換に精を出します。世の中、なかなか興味深いことがまだまだあるのだな、という気にさせられましたね。そのあとは、共通の知人の話で盛り上がりました。「〇〇さんが今は△△なんですって!」みたいな。
 気が付いたら、もう店を出ないとそれこそ遅刻してしまいそうな時間になっていたので、あわてて車で練習場に向かいます。その道は、中山から桜ヶ丘まで、かなり急な下り坂が連続しています。そこで、速度計のあたりを見ていると、e-POWERの表示で車輪からバッテリーに向かってどんどん充電されている様子が分かります。下り坂の場合、私の車はブレーキを踏まなくてもアクセルを戻すだけで完全に必要なだけの減速が出来ます。つまり、モーターの回転を遅くしようとしているのに、それ以上の回転数を要求されている状態なので、モーターは逆に発電機になってエネルギーを放出して、その力がブレーキとして働いているのですよ。要は、坂道を転げ落ちる力で発電をしているのですね。その結果、
 「燃費計」はこんな数値を表示するようになりました。ありえない数値ですよね。もちろん、世の中には下り坂ばかりではなくて、それは同時に上り坂にもなっているわけですから、坂を上るときには燃費はガタッと落ちることになりますから、まあそのあたりの平均が最終的な燃費になるのでしょう。実際、北根交差点のあたりになったら、このぐらいに落ちていました。
 この表示は「トリップ・コンピューター」というのだそうです。燃費に関しては「トリップ燃費」と「平均燃費」の2種類が表示されます。これは「トリップ燃費」の方。停止状態の車が走り出してから止まるまでの平均値です。「平均燃費」の方は、リセットするまでそれが積算され続けます。そのほかにも「平均車速」とか「航続可能距離」とか、飛行機みたいな数値も表示されますから、面白いですよ。このペースで走っていれば、残った燃料であと何キロ走れるかが分かる、というものです。最近はそんなに遠出をすることは少なくなりましたから、これが活用できる機会なんかないでしょうけど、なんだかワクワクしてきますね。なんて、まんまとメーカーに乗せられているだけなのかも。この会社のキャッチコピーは「今までなかったワクワクを」ですからね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-12-28 22:27 | 禁断 | Comments(0)