おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
今度はクロークは使いません
 身内に高齢の人がいて、ちょっと具合が悪くなると近くの病院に行って点滴を受けてもらったりします。もちろん、一人では行けないので 送り迎えは誰か手の空いた人が行います。今日は、他の人が都合が悪かったので、私が迎えに行くことになりました。ノートe-Powerを、ちょっと狭い病院の駐車場に、高齢者がすぐ乗れるように停めます。前の車だとなかなかギリギリまで壁に寄せたりできなかったのですが、これはソナーもバックモニターも完備しているので、後方視野は完璧です。
 待合室に入っていくと、もう終わって待っているはずなのに見当たらないので看護婦さん(死語)にきいてみると、「もう終わってますが、バッシンを行っているのでしょう」と答えてくれました。え、バッシン?バッシングのことでしょうか。何も悪いことはしていないはずなのに。いやいや、そんなわけはなく、私はすぐに「点滴の針を抜くことなんだな」と分かりましたけどね。「抜針」ですね。生まれて初めて聞いた言葉ですが、それで間違いはないはずです。ふだん、変な専門用語(「モツレク」とか「神たそ」)ばかり使う現場にいるものですから、こんな直球勝負の言葉だったら楽勝です。
 そのe-Powerですが、さすがに今日は暑かったのでエアコンを入れました。以前、この車はエンジンが暖まりにくいので暖房がなかなか入らない、と苦言を呈したのですが、冷房の場合は逆にこのシステムならではの快適さがあるようでした。エンジン車だと、エアコンの動力はエンジンから取っているので、エンジンがあまり回らない時、スタート時とかアイドリングの時にはあまり冷房が効きません。それが、こちらはエンジンに関係なくバッテリーでエアコンを動かすので、アイドリングの時でもしっかり冷房が効いてくれます。それと、エアコンを使っている時のエンジン車は、加速なども落ちてしまいますが、そんなことは全くありません。長いこと、そんな冷房時のパワーの変化を体験していたものですから、それに全く関係なく軽やかに走れるのは感動ものですね。
 でも、いいことばかりではありません。当然のことですが、バッテリーの消費が大きくて、今まではどんな時でも半分以上は充電されていたものが、エアコンを使ったらすぐに半分以下、あるいはもっと少なくなってしまいます。それを充電するためのエンジンが回るようになっているのですが、それは完全に自動で働くので、もうほとんどバッテリーがなくなって焦っているのにエンジンはさっぱり動いてくれなくて気が気じゃなくなる時がありますね。結局、いつの間にかフル充電されているようなので心配はないんですけど、なんかすべて機械任せというのは不安ですね。
 今月は、なんだかいつも忙しい思いをしていたようでした。気が付いたらもう来週は大きな行事が迫っていたのですね。懸案だった、グランドピアノの下に敷くコンパネも、昨日やっと買ってきました。持って帰るときにe-Powerに積むと、ちょうど中に入ります。ただ、天井に沿って運転席の上まで来るので、それを頭で支えていなければいけないかな、と思っていたら、ヘッドレストを上げればその上に乗ってくれました。ですから、何のストレスもなく運んで来れましたよ。ただ、後でヘッドレストの上を見てみたら、そこにコンパネの細かい木屑がいっぱい付いていましたね。それは払ったぐらいでは取れなくて、ガムテープで剥がさなければいけませんでした。
 来月になると、ほぼ毎週週末はコンサート、という予定になっています。特に、最初の週は東京まで日帰りで新国に「ジークフリート」を見に行く予定。日曜のマチネなので、楽々帰ってこれると思っていたのですが、サイトで演奏時間を見てみたら、休憩時間を含めて終演まで6時間かかるんですって。幕間の休憩がそれぞれ45分ずつあるんですよね。なんか中途半端。その間何をやって時間をつぶせばいいのでしょうね。2時から始まって8時に終わるのですが、帰りの新幹線も結局9時半までちょうどいいのがないので、ここでも時間が余りそう。でも、キッチン・ストリートは開いてますから、そこで遅めの夕食でしょうか。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-05-19 22:16 | 禁断 | Comments(0)