おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
山形出身なんですね
 後藤美代子さんが亡くなったそうですね。だれ、それ?と言われそうですが、おそらくこの名前を知っている人は、今ではだいぶ少なくなってしまったのではないでしょうか。この方は、NHKのアナウンサーですが、特にクラシックの番組ではほとんどのものを担当していたような印象がありますね。つまり、ラジオから出てくるクラシックの曲名とか演奏家の名前などは、ほとんどこの人の声で記憶している、ということになるのですよ。私の場合。そのしゃべり方はまさに「NHK」という感じで、良くも悪くも「型にはまった」ものでした。
 そうなんですよ。とにかくこの人の語りは格調高いもので、全く隙がないんですね。それだから、クラシックを任されるようになったのか、クラシックを担当している中でそのようなスタイルになってしまったのかは、私には分かりません。いずれにしても、彼女にはなにか「権威」というものが背後に見えてしまうところがありましたね。まさに「権威としてのクラシック」という図式が、非常に分かりやすく出ている人でした。
 かつてNHKの職員だった知り合いがいるのですが、その人が「のど自慢」の出演者を案内して廊下を歩いている時にたまたま後藤さんと出会ったそうなのですが、その時の彼女が出演者を見る目からは、なにか汚いものを見ているような態度がまざまざと感じられたのだそうです。そんな、お高く留まったところもあったのでしょうね。
 ただ、今となってはそのぐらい厳しい態度でクラシックに接していたのは、逆になんか懐かしいような気持ちになります。最近は、クラシックで登場するそういうMC関係の人には、なにか大衆に媚びたところがあったりしますから、それもどうかな、という感じがしますからね。いずれにしても、一つのスタイルを築き上げた人が、これでいなくなってしまいました。
 同じNHKでやっている朝ドラは、昔から「格調」などというものとは無縁でした。そこにあるのは、整合性の取れない設定と、無理に感動を誘い出そうとするミエミエの伏線だけです。今BSで再放送されている「こころ」あたりは、そんな駄作の要素を万遍なく備えている、したがって極めて「朝ドラ」らしいドラマです。ただ、そんなへたくそな作り方に騙されたつもりになってみている分には十分楽しめるのが面白いところです。つまり、これが放送された時にはほとんど無名だった人が、いまではすっかり立派になってしまっているというケースが、結構あるからです。中学生時代の加藤諒、なんてのも出てきましたからね。
 でも、今の朝ドラは、一味違っているみたいです。細かい設定なんか超えたところで、不思議なインパクトが醸し出されているのではないでしょうか。今週の「ビートルズ来日」ネタも、虚実織り交ぜて楽しめましたね。ただ、ここでちょっと不思議なことがあったので、そのご報告。
 こういうものは先が分からないで見ている方が楽しいのですが、ネットには先の予定が書かれた「ネタバレ」がたくさん公開されています。そうなると、ちょっと気になって読んでしまうんですよね。それで、愚妻にも「ムネオの奥さんもチケットが手に入るんだよ」なんて得意げに言ったりしていました。そうなんですよ。そんな「ネタバレ」では、確かにムネオさんは、アパートの学生さんだけではなく、奥さんからもチケットをもらえることになっていたんですよ。でも、実際はただTシャツを着て外で騒いでいただけでしたからね。そのサイトを見直してみると、そのあたりは見事に上書きされていましたね。
 今までは、こんな風に予告が変わってしまったことはまずなかったような気がします。それが今回はやたらと多いんですよね。これは、もしかしたらNHKがわざと偽の情報をリークしているからではないのでしょうか。なんか、そんなところでウソをついてもしょうがないような気がしますけどね。小っちゃいですね。どうせなら、アベの一味のようなどでかいウソをついてほしいものです。
 ついにブレイクしたムネオさんが、「あさイチ」に生出演した時には、それが大雨のニュースでつぶれてしまいました。その時の映像を今日流していたのですが、それがさも生であるかのように、「私たちもちょっと着替えを」と言わせられていたMCたちも、NHKの被害者?
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-07-07 22:55 | 禁断 | Comments(0)