おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
一色正和も・・・
 「鎌倉ものがたり」の新刊が出るという案内がAmazonに出ていたので、予約注文していたら、それが間違いなく届きました。いや、間違いなく届くのは当たり前のことなので、別に驚くようなことはないのですが、なんせ、最近同じところでひどい目に遭ったものですから。
 それは、厳密にはAmazonではなく、マーケットプレイスという、いわば「店子」みたいなところなのですが、もう店頭では買うことが出来なくなった化粧品を(私が使うんじゃないですよ)そこでは扱っていたので、今まで何度か利用していました。ただ、注文した時に、Amazonではなく、そのお店から直接メールが来て、「ただ今欠品しておりますが、入り次第送らせていただきます。もしキャンセルする時にはご連絡ください」ということを伝えられました。まあ、急いで使うものでもなかったので、キャンセルはしないで待っていましたが、入荷予定日を過ぎても一向に連絡がありません。もうその時点でAmazonの配送状況の通知は使えなくなっていたので、何の情報も入ってきません。それがあまりに遅いので、とうとう今使っているその化粧品がなくなりそうになってしまい、「どうしてくれるのよっ!」という厳しい追及が始まっていましたね。
 仕方がないので、少し値段は高いのですが、別のところから1本だけ買ってみたら、それはすぐに届いたので、とりあえずは追及は免れるようになりました。そして、待望の「出荷しました」という連絡が入りました。どうやら詐欺まがいのものではなかったので、まずは一安心。それは西濃運輸で届くそうで、そこの追跡コードもちゃんと知らせてくれました。検索すると確かに発送はされているようですね
 しかし、それからがまたイライラが続く日々が始まります。その検索を見ていても、一向に先に進まないのですね。結局、発送から10日近く経って、やっと現物が届いたときには、もうどうでもいいような気になっていましたね。最終的に、注文してから届くまで1ヶ月かかってしまったことになります。もうここに注文するのはやめましょうね。
 ところが、届いた荷物の伝票を見ると、またまたおかしなことが分かりました。
 なんと、出荷日が、私が注文した日ではありませんか。その時点ではまだ品物は「欠品」していたのですから、こんな伝票が作れるわけがないじゃないですか。この「インフィニティビューティー」という会社は、限りなく疑惑に包まれています。
 ですから、「鎌倉ものがたり」がごくまっとうな配送で届いたので、少し驚いたというわけです。
 ただ、その帯を見た時には本当に驚きましたね。
 なんと、このマンガが実写で映画になるのだそうですよ。まあ、監督が同じ作者の「三丁目の夕日」を映画化させて大ヒットを飛ばした人ですから、予想は出来たことですがね。さらに、こちらの方がよりSF的な要素は多くなっていますから、監督の本領発揮となるはずですし。
 映画のサイトでは、もうトレーラーも流れていたのでさっそく見てみました。うーん、これだけでは分かりませんが、このマンガの世界(こういう時に「世界観」と言う人を、私は軽蔑します)とはかなり違うような気が。なによりも、亜希子ちゃん役の高畑充希にはかなりの違和感がありますね。いや、彼女は大好きな女優さんですけど、彼女には亜希子の持っている天然なところがないんですよね。彼女が天然を演じているのが、まさに今やっている「カホコ」なんですが、そこには悲壮感が漂ってはいませんか?亜希子にそういうものがあってはだめなんですよ。
 なんせ、このマンガは全巻そろえていますから、まさに30年以上の付き合いなんですよ。「三丁目」以後の作品がことごとく駄作だった監督に、その大切なものを壊されてしまうのが、たまりません。ぐらい言っておけば、実物を見た時にはそんなにがっかりしないでしょう。結局絶対見ることになりますからね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-08-02 21:05 | 禁断 | Comments(0)