おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
パート譜もダウンロードできます
 そろそろ次の「かいほうげん」のネタを考えなければいけない時期になってきました。そんな時に、どこからともなくネタの元がやってくるというのがいつものパターンです。まずは、今度の定期のメイン、エルガーの「交響曲第1番」を先日東京で指揮をした藤岡幸夫さんが、ご自身のブログにその曲についていろいろ書いていたものを、直接交渉して転載の許諾をいただきました。これで3ページ分のコンテンツが出来上がりました。
 もう一つ、これは「かいほうげん」に使えるかどうかは微妙ですが、ちょっと私好みのネタが見つかったので、忘れないうちに書いておきますね。
 さるレーベルのFacebookに久しぶりに行ってみたら、鼻持ちならないマニアックなスタッフがヒンデミットのことを書き込んでいました。そこで紹介していたのが、彼の弦楽四重奏のための「Ouvertüre zum "Fliegenden Holländer" wie sie eine schlechte Kurkapelle morgens um 7 am Brunnen vom Blatt spielt」という曲です。聴いたことがある人もいるかもしれませんが、ワーグナーの「オランダ人」序曲を、へたくそな楽団が演奏しているという想定で編曲した、とても愉快な曲です。もちろん、ドイツ語でそのままタイトルを書いたのでは誰も分かりませんから、このスタッフは日本語のタイトルで紹介していました。それが、普通目にするのとはちょっと違っていたのですね。そこにあったのは
「午前7時に村の井戸端で 二流楽団が初見で演奏する「さまよえるオランダ人」序曲」

 というものでした。私が知っているのには、「村の井戸端」なんて言葉はありませんでしたよ。それよりも、確か「湯治場」というのがどこかにあったような。
 調べてみると、これは、このサイトと関係の深いNMLでのCDの表記であることが分かりました。そのCDは手元にあったので、ブックレットを見てみると、英語では「Overture to "The Flying Dutchman" as Played at Sight by a Second-Rate Spa Orchestra at the Village Well at 7 O'Clock in the Morning」ですから、「Spa」という言葉が入っていますよ。だったらやっぱり「湯治場」じゃないですか。いったいどこから「村の井戸端」を引っ張り出してきたのでしょうね。あっ、「Village Well」か。だとしたら、ここはいったいどういう地形の場所なんでしょうね。
 実は、私はこの珍しい曲のCDをもう1枚持ってます。それは、この曲の楽譜が出版された直後にリリースされたもので、世界初録音でした。

WERGO/6197-2(1991)
 そのブックレットの英訳だと「The Overture to the "Flying Dutchman" as Played at Sight by a Second-Rate Concert Orchestra at the Village Well at 7 O'Clock in the Morning」、ここには「Spa」はないですね。
 実は、ニューフィルとも2回共演された指揮者の下野さんは、こういう曲が大好きで、2011年7月19日に、サントリーホールで読売日本交響楽団を指揮して、これを弦楽合奏用に直して演奏していました。その時のタイトルは
「〈さまよえるオランダ人〉への序曲 ~下手くそな宮廷楽団が朝7時に湯治場で初見をした~」
 ですから、やはり「湯治場」系ですよね。なんでも、この時にはこのホールのオルガンの前に「読響温泉」という看板が立っていて、メンバーは頭に手拭いを乗せたり、うちわを持ったりして登場したのだとか。ただ、ここでは「宮廷楽団」となってますね。そんな格式の高い楽団が湯治場なんかに来るでしょうか。
 こういう混乱を一掃するために、私は原点のドイツ語に帰って考えてみることにしました。まず「Kurkapelle」という単語。「Kur」は「クアハウス」などに使われる言葉で、「保養所」の意味ですが、もう一つ、「宮廷」という意味もあります。下野さんはこちらを取ったのでしょうね。しかし、NMLで「井戸」と訳した「Brunnen」という単語には、まさに「湯治場」という意味があるので、それだったら「保養所」とリンクできますよ。つまり、演奏しているのは「湯治場の保養楽団」ですね。そこで、私の「定訳」はこうなります。
「朝の7時に、湯治場の二流の保養楽団が初見で演奏しているような、『さまよえるオランダ人』の序曲」
 どうです。もう、その情景が目に浮かびませんか?観光客を相手に適当な演奏をして生活している楽団が、何を思ったのか早起きをして、「オランダ人」を初見で演奏しているんですよ。これが「森の井戸端」だったら、具体的なイメージが全く浮かんできませんよね。
 まさかと思ったのですが、この曲の楽譜は、IMSLPで見ることが出来ます。
 とりあえず最初のページを見ただけで、これはきっちり作為的に「へたさ」を演出していることが分かります。オリジナルはD-Aの空虚5度なのに、ここではその上にそれぞれ長7度の「ずれた」音が入っていますからね。このあとは、ユニゾンになるはずの同じ音型を音符1個分だけずらしたりして、とても「初見」では演奏することはできない「難曲」です。ヒンデミットという人は、こういうものを作って喜んでいたんですね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-08-04 22:58 | 禁断 | Comments(0)