おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
REINECKE/Flute Concertos, Flute Sonatas
c0039487_23081312.jpg


Tatjana Ruhland(Fl)
Eckart Heiligers(Pf)
Alexander Liebreich/
Radio-Sinfonieorchester Stuttgart des SWR
CPO777 949-2/


カール・ライネッケという人は、作品番号の付いたものだけでも300曲近く残した作曲家ですが、指揮者としても活躍していました。よく「メンデルスゾーンのあとを継いで、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任した」という記述を見かけますが、正確には、メンデルスゾーンのすぐ後にはこの間ご紹介したニルス・ゲーゼが指揮者になり、さらにもう一人、やはり作曲家で、ベートーヴェンやメンデルスゾーンの楽譜の校訂(ベートーヴェンの場合は、「ブライトコプフの旧版」という、今の原典版によってさんざんに否定されているもの)を行ったユリウス・リーツがいて、そのあとにライネッケという順番なんですけどね。彼は、1860年から1895年までという長期にわたって、このオーケストラの首席指揮者を務めています。そして、ライネッケの後にはニキシュ、フルトヴェングラー、ワルターといった錚々たる顔ぶれが続くことになるのです。
現在では、作曲家としても指揮者としても、全く無名になってしまったライネッケですが、フルート奏者にとっては、彼のフルート協奏曲とフルート・ソナタは、間違いなくレパートリーに入れなければならないものとしての地位を誇っています。もちろん、それは作品番号283の協奏曲と、「ウンディーヌ」というタイトルの付いた作品番号167のソナタだけなのですが、このCDでは、協奏曲もソナタも「もう一品」追加されていました。
もう一つの「ソナタ」は、実はフルートのためのものではなく、ライネッケが指揮者だった時期のゲヴァントハウス管弦楽団の首席フルート奏者だったヴィルヘルム・バルゲが、1873年頃に作られたヴァイオリンのための「ソナチネ」をフルート用に編曲したものです。1882年に作られた「ウンディーヌ」は、このバルゲに献呈されています。
もう一つの「協奏曲」は、「バラード」というタイトルの、フルート・ソロとオーケストラのための10分ほどの作品です。作品番号が288となっていますが、これはライネッケが85歳の時に作った、彼の最後の作品です。
いずれも、かつて録音していた人はいて(アドリアンとか)別にこれが初録音というわけではないのですが、実際に聴くのはこれが初めてでした。最も作曲年代の早い「ソナチネ」の方はいかにも「習作」風の、後のライネッケのベタベタなロマンティシズムがあふれる、ということは全くない、シンプルな作品です。それに対して、まさに「遺作」の「バラード」は、とても味のある作品でした。曲は3つの部分に分かれていて、最初はとても重苦しい、なにか「死の予感」のような物まで感じられるような音楽で始まりますが、中間部のスケルツォ風の、まるでメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲のような軽やかなパートを経た最後の部分では、なにか達観のような物さえ漂うような明るさに満ちた音楽に変わります。
このアルバムの中では、この「バラード」だけがライブ録音、多少ソロがオフ気味に聴こえてきますが、なにか観客と一緒になった熱いものが込められた演奏なのではないでしょうか。
それに対して、残りの3曲はスタジオ録音、ルーラントのフルートも、細部のニュアンスまで爛々と捕えられた精度の高い録音です。そんな音で聴く彼女の音は、低音から高音まで見事に磨き込まれた素晴らしいものでした。細かいパッセージでも目の覚めるようなテクニックを披露してくれています。これで、第2楽章からもう少し深い情感がただよっていれば、それほど多くない協奏曲の録音の中では、間違いなく最高のものの一つとなっていたでしょう。
協奏曲の楽譜は、2003年にブライトコプフからヘンリク・ヴィーゼの校訂で出版された時に、それまでの楽譜とは細かいところで異なっている自筆譜の楽譜が付け加えられていました。しかし、彼女はそれを使ってはいなかったのも、ちょっと残念。

CD Artwork © Classic Produktion Osnabrück

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-09-05 23:09 | フルート | Comments(0)