おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
キッチンストリートからそのまま新幹線のホームに行ってみました
 上野でアルチンボルド展、川崎でミューザ川崎、そして六本木でサントリーホールと、それぞれに貴重な体験をした後は、今回の上京の当初の目的だった新宿のパウエル・ジャパンです。いつものことながら新宿駅の西口は出られません。迷っていてたまたま小田急線の改札の前を通ったら、「火災事故で全線運休しています」と大騒ぎでしたね。
 外にさえ出れば、あとは間違えることはないので、ビルの8階にあるパウエル・ジャパンに到着です。店員のSさんがいたので声をかけたら、「仙台の〇〇さんですね」とすぐに分かってもらえて、ケースを出してきました。
 これが、今使っているケース。隙間があるので、あちこちに詰め物が入っています。
 これが、きれいに収まるかどうかを確かめるために、これを丸ごと持ってきてありました。さっそく新しいケースを開けてみると、
 さっそく、楽器を入れてみます。
 ピッコロもちゃんと収まりました。でも、これでは私の注文は満たされてはいません。上のように、ピッコロの頭部管を抜いた状態で収納できるように、とお願いしてあったのですよ。
 仕切りを動かせば、このように頭部管を別に収納できますね。でも、これでは固定されませんから、使い物になりませんね。Sさんは、「間に何か入れて、動かないようにしましょうか」とか言って、技術の人を呼んできました。
 技術の人は、ちょっと悩んでいたようですが、「じゃ、何か作ってみましょうか」と、これを持って仕事場に引きこもってしまいました。待たされること30分。彼はこんなパーツを作ってきました。スポンジを切って、まわりにケースの中と同じフェルトが貼られています。まだ接着剤の臭いがしてましたね。
 これをケースにはめ込むと、こうなります。
 見事、頭部管が収まりましたね。
 もちろん、追加料金などは無し、親身になって希望をかなえてくれた、という感じですね。ま、これがまっとうな商売ということでしょう。でも、今までにこういう希望を出した人はいなかったんでしょうかね。ケース自体は在庫として何個か取り寄せていたようですが、普通は何もしないで使っているんでしょうね。
 今はピッコロの担当はありませんが、前回は「運命」とマーラーの5番で使いましたし、次回の定期でもおそらくどれかにはピッコロで参加するのでは、という気がするので、しっかり働いてもらいましょう。
 小田急線の事故はJRには何の影響もなかったので、無事東京駅まで行って新幹線に乗れました。「大人の休日パス」の期間中なので、例によって満席。もちろん私は指定席券を何種類か買っておいたので座ってこれましたが、デッキに立っている人はたくさんいましたね。最近は「立ち席特急券」というのが発行されているのだとか。それは号車が指定されていて、デッキが込み合わないような配慮がなされているようですね。そんなことをするより、臨時便を出す方が、まっとうな商売なのでは、と思いますけど。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-09-11 20:54 | 禁断 | Comments(0)