おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
お昼ご飯も15分で済ませました
 杜の都合奏団が、最後のコンサートを目指しての活動を開始しました。正式なチラシも出来上がってきましたね。
c0039487_08133371.jpg
 「フェアウェル・コンサート」ということで、泣いても笑ってもこれ以上は続けないぞ、という決意が込められたタイトルになっています。これまでなかなかに大変な曲を、かなりの短時間で仕上げていたので、まさに集中力の塊のようなコンサートになっていましたね。そんな得難い体験も、これで終わってしまいます。
 今回も3月の本番へ向けて10回ほどの練習日が設けられていますが、その最初の日が今日、なんと、クリスマス・イブの日なんですよね。それも、朝の9時から夕方4時までという長丁場です。そんな日に家庭も顧みず練習に参加する人は、はっきり言ってヘンタイです。ですから、フルート・パートの5人のうちの4人までは、午前の部には不参加という、「ノーマル」な対応でした。つまり、たった一人の「ヘンタイ」である私だけが、午前中に行われた最初の大初見大会に出席した、ということです。
 そう、まずは、参加者は期待できないものの、取り合えずマーラーの「交響曲第9番」を全曲止まらないで最後まで初見で通して観ようというのが、今日の午前中の練習の趣旨だったのでした。そこに集まったのは、弦楽器はやはり少な目でしたが、木管などはきちんと必要なメンバーは揃っていましたよ。フルートは私だけですが、この曲の場合ユニゾンが非常に多いので、なんとか間に合います。まあ、ピッコロがいれば完璧だったのですが、それは仕方がありません。
 私は、この曲はニューフィルでやったことはありますが、その時は2番のパートでしたから、1番を吹くのは初めてです。それなりに下準備をしていたので、まあボロが出るところはあまりありませんでしたが、個人的にはまだまだやりきれていないところが見つかったので、これからの練習の目標が見つかりました。なんせ第3楽章は初めから本番のテンポでやったので、それにきちんとついていくにはもうちょっと頑張らないといけません。
 弦楽器も、初見でこれだけ弾けるのだったら、きっと練習を重ねれば素晴らしい演奏が出来上がるのではないでしょうか。
 それにしても、第3楽章と第4楽章に出てくる「ホワイト・クリスマス」のメロディは、なんとタイミングの良いことでしょう。知ってます?あの有名なメロディが、マーラーの交響曲の中にちりばめられているのですよ。いや、実際に作られたのはアービング・バーリンの方が後ですけどね。
 午後からは、会場を変えて細かい練習です。ここで、フルートはフルメンバーが揃いました。やはり、きちんとユニゾンになると、吹いていて楽ですね。そして、マーラーの前半が終わったところで、あとは前曲のヨハン・シュトラウスです。こういう曲をやるのは久しぶりなので、なんか新鮮ですね。
 そんな、とても楽しい練習に丸1日出るために、この時期の毎年の恒例行事である年賀状の印刷はきのうのうちに終わらせておきました。全部出来上がって、今朝投函してきましたよ。このあたりは、毎年繰り返される綱渡りです。
 この年賀状、なぜかハガキの値上げがあったのに、これだけは今まで通りだったんですね。まあ、年に一度のおめでたい行事ですから、特別にサービスしてくれたのでしょうかね。いやいや、そうではなく、ただでさえ年賀状を出す人が減っているのに、値上げでこれ以上少なくなることは避けたいという、単なる「朝知恵」だったのでしょう。ですから、「サービス」だったら絶対にありえないこんなコメントを年賀状に印刷することになるのです。
c0039487_08135743.jpg
 こんなみみっちいコメントを載せなければいけないのだったら、最初から普通に62円で販売すればいいじゃないですか。1月8日を過ぎたって、年賀状を出す人はいるんですからね
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-12-24 22:35 | 禁断 | Comments(2)
Commented by やさぐれ主婦 at 2017-12-25 01:33 x
こんにちは。
そもそもはがきを62円に値上げしたのも海外投資の損失4000億円を補うためなのは見え見えでしたしね。
上層部が無能で末端の局員さんが気の毒です。
Commented by jurassic_oyaji at 2017-12-25 19:17
やさぐれ主婦さんコメントありがとうございました。
値上げされる何か月か前に局員さんに「いくらに上がるんですか?」と聞いたら、「わかりません」と言ってましたからね。