おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
TCHAIKOVSKY/Symphony No.4, Capriccio Italien




Daniele Gatti/
Royal Philharmonic Orchestra
HARMONIA MUNDI/HMU 907393



ガッティとロイヤル・フィルのHARMONIA MUNDI USAへの2番目の録音が出ました。以前はBMG系列のCONIFERからマーラーなどをリリースしていたこのコンビ、実は前作のチャイコフスキーの5番では、カップリングの「ロメオとジュリエット」が、まだこのBMG時代のものだったのですが、今回の4番では、「イタリア奇想曲」も含めて、全て、この新天地でのプロダクションとなっています。
その、このレーベルへのデビュー盤、チャイコフスキーの5番は、以前聴いたマーラーの5番があまりに素晴らしかったので大いに期待したのですが、どうもあまりピンとくるものがなく、聴いてはみたもののここにレビューを書けるほどのものではありませんでした。一つには、あの曲が持っているある種の「重さ」が、ちょっとこの指揮者にはなじまない面があったのかもしれません。
その点、この「4番」は、彼の特質がよく出た、非常に見晴らしの良い仕上がりとなっていて、なかなか楽しんで聴くことが出来ました。まず、彼らが取っている楽器の配置がちょっとユニークなものです。弦楽器は、いわゆる「両翼」という、ファーストヴァイオリンとセカンドヴァイオリンが向かい合って座るもの、チェロがファーストの隣に来て、本来はその後ろにコントラバスが来るものが、彼らの場合は最後列に横一列に並んでいます。そして、ホルンが、木管楽器のすぐ後ろの列にやはり1列に並ぶというのも、ヨーロッパのオケとしては珍しい配置です。つまり、普通だと右か左のどちらかから聞こえてくるホルンが、真ん中から聞こえてくることになります。この曲のように、ホルンが大活躍する場面が多いものでは、この配置が非常に効果的になってきます。何しろ、冒頭からこのホルンのファンファーレですからね。
ところが、このホルンのあとに同じ形でトランペットと木管が入ってくると、そこでちょっと面白いことが起こります。その前のホルンの流れとは全く別の、1段階高いところにギアチェンジして、シフトアップした状態で音楽が進んでいくのです。これは、この楽章の至るところで見られるガッティの仕掛け、特に、小節の一番最後の拍は常に短めに処理されて、殆ど前のめりになっているかのような音楽の運びは、スリリングとも言える高揚感を与えてくれます。これがあるからこそ、ほんのたまに出てくる穏やかな部分を、とても気持ちよく感じることが出来るのでしょう。しかし、それも束の間、そんなしばしの平穏も、そのあとに襲ってくるアッチェレランドによって、元の緊張感溢れる世界に引き戻されるのです。
第2楽章になると、オーボエソロによるテーマの、あまりの淡泊さに驚かされることになります。しかし、これは前の楽章からの流れでは、決して違和感のあるものではありません。それどころか、淡々と流れるかに見えてその中には余計なセンチメンタリズムを極力廃した、意志の強ささえ垣間見ることが出来ることでしょう。しかし、最後に出てくるファゴットのソロには、それだけ拒絶してもやはり残っている「本音」のような甘さが漂っているという仕掛け、これで心を打たれない人はいないのではないでしょうか。
そんな具合に、適度にコントロールされたスマートなチャイコフスキー、これは「4番」だからこそなし得た成果でしょう。「イタリア奇想曲」では、さらにラテン的な情感が素直に発揮されていて、より心地よいものに仕上がっています。押しつけがましくてくどい演奏が嫌いな人にはねがってぃもない、爽やかな演奏です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2005-12-14 19:39 | オーケストラ | Comments(0)