おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
MOZART/Requiem

Miriam Allan(Sop),Anne Buter(MS)
Marcus Ullmann(Ten),Martin Snell(Bas)
Morten Schuldt-Jensen/
GewandhausKammerchor
Leipziger Kammerorchester
NAXOS/8.557728



このところ、月1回ぐらいのペースでモーツァルトのレクイエムの新譜が出ています。マニアとしては嬉しいことですが、いちいちレビューを書いていても読まされる方にしてみれば煩わしいことかも知れません。ですからこれは、別に珍しい版を使っているわけでもなく、オリジナル楽器の演奏でもないので、とりあえずリストに載せる前に聴くだけ聴いてみようと思っただけなのです。そんなノーマークのアイテム、ところが、実際に聴いてみるとこれがとても素晴らしい演奏だったのには驚いてしまいました。
ここで演奏している合唱団は、1958年生まれのデンマークの指揮者、シュルト・イェンセンによって2001年に創設されたゲヴァントハウス室内合唱団です。それほど人数が多くないと思われるこの合唱団は、非常に訓練が行き届いているという印象を、たちどころに聴く人に与えてくれるはずです。パートとしてのまとまりや、トゥッティの時の響きの同一性といった基本的な「性能」は十分にクリアした上で、最も衝撃的にアピールしてくるのが、非常に軽やかなフットワークがもたらすリズム感の良さです。そこに、大胆で自由自在なフレージングが加わります。ライナーノーツの中でこの指揮者は、「モダン楽器であっても、フレージングやアーティキュレーションによってモーツァルトの時代の演奏の『幻影』を作り出すことは出来る」と述べています。例えば、「Kyrie」のフーガを聴いてみて下さい。その言葉通り、ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーによって組織されたライプチヒ室内管弦楽団とともにこの合唱団が織りなす声部の綾からは、まさにその「幻影」が浮かび上がってくるのをまざまざと感じることが出来るはずです。
そして、それ以上に素晴らしいのがソリストたちです。「Introitus」でまず聞こえてくるソプラノのアランの声の、何と美しいことでしょう。これは、かつてホグウッド盤でカークビーを聴いた時以来のショッキングな体験でした。少年のように透き通った、しかし、女声の持つ細やかな感情表現もしっかり備えているという、まさにこの時代の音楽の「幻影」を見せてくれるソプラノに、また一人出会えたのですからね。
アラン以外のソリストも、まさに粒ぞろい、ブターの深みのある音色、ウルマンの澄みきった響き、そしてスネルの力強さ。それぞれの魅力が堪能できるとともに、彼らが作り出すアンサンブルの妙も最高、この曲で4人の声がしっかり溶け合った時にのみ生み出される至福の時を、久しぶりに味わうことが出来ました。
モーツァルトがこの曲で聴衆の中に引き起こしたかった音楽的な感興、それは決して、モーツァルト時代の楽器を使ったり、不完全な補作を別なものに改めない限り与えることが出来ないものではありません。ここで彼らが見せてくれた軽やかな「レクイエム」の世界、それは、ここで演奏に関わっている全ての人達のの思いが一つの方向を向いた時、とてつもない訴えかけとなって伝わってくるのです。それこそが、シュルト・イェンセンの言うところの「幻影」なのかも知れません。それにしても、こんな素晴らしいCDがせんいぇん以下で買えるなんて。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-03-10 23:30 | 合唱 | Comments(0)