おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
TCHAIKOVSKY/Symphony No.6, Serenade for Strings




Daniele Gatti/
Royal Philharmonic Orchestra
HARMONIA MUNDI/HMU 907394



「悲愴」と「弦楽セレナーデ」という、贅沢なカップリングです。ガッティならではの贅肉のないチャイコフスキー、存分に楽しむことにしましょう。最近はなかなか口に出来ませんが(それは「鯨肉」)。
「悲愴」の冒頭、不気味な低弦が左奥から聞こえてきた時、このオーケストラの配置を思い出しました。最近ロンドン交響楽団のライブに行った時も、やはり同じようなチェロとコントラバスがステージ下手に位置する「両翼」配置を体験したばかり、ロンドンではこの並び方が一般的になっているのでしょうか。ですから、この暗い序奏から、次の提示部の最初あたり、ヴァイオリンはお休みでもっぱらヴィオラが主導権を握っている部分では、ステージの奥だけで演奏が行われていることになります。そこから次第に前の方のヴァイオリンが加わり、段々音が客席に近づいて来るというのは、まさに映画のクローズアップの手法ではありませんか。チャイコフスキーの時代にはこういう配置しかなかったのでしょうから、もしかしたら彼はそこまで計算してオーケストレーションを考えたのでは、などと想像してしまうほど、スペクタクルな音場が、この配置のロイヤル・フィルから聴き取ることが出来ましたよ。
そうこうしているうちに、音楽の方は、甘く美しい第2主題が始まります。しかし、ここはガッティの持ち味であるさっぱりした歌い口が最大限に発揮されることになります。ベタベタと甘すぎることは決してない、楽譜の指示を忠実に守っていれば、その音からは自然にエモーションがわき出てくるはず、という姿勢が、非常に心地よく感じられます。その上で、演奏者個人の感情は大事にしようというスタンスは、この前の「4番」と同じことです。提示部の最後のp3つで始まるクラリネットのソロが、そんな場面、この楽章で唯一見られる「甘さ」でしょうか。それに続くp6つという有名な指示も、バスクラリネットの殆ど「気配」に等しい超弱音が、見事な緊張感を産んでいます。
ですから、それに続く展開部のサプライズも素晴らしい効果を上げるとともに、ここでのガッティのギアチェンジの鮮やかさにも舌を巻くことになるのです。それまでの少し気取った態度から一転して、尋常ではない早さでオーケストラを煽りまくる指揮者。こういうところに、私達は新鮮な感情の高ぶりをおぼえるのでしょう。そのあたりのさじ加減の絶妙さが、ガッティの最大の魅力です。
第2楽章の5拍子のワルツのあっさり感、第3楽章のマーチの冷静な高揚感も素敵です。フィナーレでは、やはり両翼配置が最大の効果を上げる場面が最初に訪れます。
弦楽セレナーデでも、甘ったるさを期待する人は肩すかしを食らうに違いない、引き締まった世界が展開されています。第1楽章序奏のコラールからして、その粘着性など微塵もないかなり早めのテンポからは、今まで聞いたことのないような、まるでオルガンのように和音の変わり目がはっきりした音楽を感じることが出来るはずです。第2楽章のワルツも、その素っ気なさから聞こえてくるのは、幾通りにも変化するテーマと、そのまわりの旋律が織りなす、まるで一編のドラマです。第3楽章のエレジーも、「臭さ」を排除することによって安っぽいムード・ミュージックとは無縁のしっかりとした構成を持つに至りました。そしてフィナーレ、1楽章のコラールに又戻ることが必然として感じられる、計算し尽くされた歩みが、そこにはあります。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-04-17 19:53 | オーケストラ | Comments(1)
Commented by KawazuKiyoshi at 2006-04-21 17:08
面白そうですねー。
ちょっと寄らせていただきました。
詩と音楽と数学は宇宙のハーモニー。
何度書いたことでしょう。
生きているって素晴らしいですねー。