おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Tohoku University Memorial Hall
 かつて、この街に於けるクラシックのコンサートと言えば、どちらも市電沿線にあった「仙台市公会堂」と、「川内記念講堂」で行われたものでした。公会堂の方は、なんせカラヤン指揮のベルリン・フィルが演奏した場所として、昔からのクラシックファンには語り継がれている、由緒正しい会場です。そのすぐ前が市電の「公会堂前」、そして、一つ南の停留所が「大町西公園前」、そこから広瀬川にかかる大橋を渡って、さらに仙台城址へ向かうと、かつての二の丸のあとの広大な敷地の中に、「記念講堂」が建っていました。私が生まれて初めて行ったクラシックコンサートが、この会場で行われたものであったのは、今にして思えばなんと幸運なことだったのでしょう。それは、「ウィーン・アカデミー合唱団」という団体のコンサート、ヘルムート・フロシャワーという、「ウィーン少年合唱団」などの指揮もしていた人が指揮をしていたはずです。その時にどんな曲が演奏されたのかはすっかり忘れてしまいましたが、2階席のほとんど最後列で聴いていたにもかかわらず、ものすごく大きな音がはっきりと聞こえてきたのにビックリしたという記憶は鮮明に残っています。収容人員は1500を超えるでしょうか、しかし、横に幅広く作られていたために、最後列でも音が痩せないという、音響的にも非常に優れたものでした。
 コンサートが終わってからその余韻をかみしめて市電の停留所まで歩くという至福の時を用意してくれたこの会場には、何回通ったことでしょう。しかし、しばらくして街の中心部に「宮城県民会館」が作られると、大きなコンサートはここで開かれるようになり、記念講堂では一般のコンサートは行われないようになってしまいました。この施設は、東北大学のもの、ですから、学内の音楽サークルなどは、その後もここで演奏を続けることになります。
 しかし、この建物は建築されてから50年の時を経て、さすがに老朽化が進んできたため、最近ではその学内向けにも使われることはなくなり、なんでも「博物館」として保存される、というような話が聞こえてくるようになってきました。一つの時代が終わりを告げることになったのですね。
 と、きのうの地元紙に、驚くようなニュースが載りました。この度100周年を迎える東北大学が、その記念事業として、この「記念講堂」を、外観はそのまま保存し、新たに「コンサートホール」として整備する、というものなのです。その記事によれば、「コンサートホールは1200-1500席の規模で、最新の音響装置を導入する。設備も質の高さにこだわり、仙台フィルハーモニー管弦楽団の活動拠点とする案も浮上している」(23日付河北新報)ということ、これはまさに、新しい音楽ホールがもう一つ誕生する、というニュースではありませんか。
 しばらく前、この街では自治体の手によって「音楽堂」が作られのではないか、という噂がありました。しかし、それは結局「白紙撤回」となり、その計画は今後も実現される見込みは全くありません。政令指定都市でありながらまともなコンサートホール一つないという、文化的にはとても貧しい街に住む私たちは、この恥ずかしい状態が未来永劫続くのではないかという、暗澹たる気分に陥っていたところでした。そこへ降ってわいたような、地元の国立大学のこの計画、行政がなし得なかった快挙に、諸手をあげて喜ぶべきなのでしょうか。
c0039487_14434073.jpg
 しかし、紹介された「完成予想図」では、「まともな」コンサートホールに不可欠なオルガンの姿が見当たりません。もし、大学がきちんとオルガンまで設置されたホールを造ろうという気があるのなら、私もこの大学の卒業生です、16フィートパイプの1本分ぐらいはまかなえるだけの寄付を、喜んで振り込んでやろうではありませんか。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-06-24 21:27 | 禁断 | Comments(4)
Commented at 2006-06-25 09:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mottenin at 2006-06-25 09:23
この記事、私も読みました。片手を挙げて喜んでいたところです。
しかし、観測気球の可能性を考慮すると、諸手を挙げて大声で歓迎の意を表しておかないといけないかもしれません。

オルガンの話は相当魅力的ですね。あの大箱をそのままにしてオルガンを設置してよい響きが得られるかどうか、私にはわかりませんが、もし実現するならば、薄っぺらな財布を懐から取り出そうかと思っております。
Commented by jurassic_oyaji at 2006-06-25 16:24
motteninさま
いつかの「法文14番」といい、馴染みのあった施設がなくなってしまうのは、ちょっと寂しいものですね。

いつもいつも「校正」ありがとうございます。実は階段教室の名前も、ちょっと自信がありません。
Commented by m at 2006-11-02 20:30 x
こんにちは!ウィーン少年合唱団で思いましたが、こんなHPがありました。http://mgs.uic.to/dorama.cgi?room=Wiener