おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
SCHUBERT/Die schöne Müllerin



Sigrid Althoff(Pf)
Gus Anton/
Camerata Vocale(Quartettverein "Die Räuber")
VMS/VMS 162



フローレンス・フォスター・ジェンキンスという人の演奏(もちろん録音で)を聴いたことがありますか?
SP時代に録音されたもので、かつてはかなりの「珍盤」として好事家のみが知っていたアイテムなのですが、最近ではCD化もされて、簡単に聴くことが出来るようになっています。

 RCA/09026-61175-2

ジェンキンスさんというのは「自称」ソプラノ歌手、幼少の頃から音楽家になる夢を持っていたのですが、41歳の時に父親の遺産を相続すると、そのお金(現金っす)でリサイタルを開くようになり、ついにはカーネギー・ホールでのデビューをも飾ったという華麗な経歴の持ち主なのです。しかし、その歌ははっきり言って「音痴」、音程もリズム感も全くなかったにもかかわらず、本人は大歌手であると信じて疑わなかったというギャップが大評判を呼んで、彼女のリサイタルは常に満員だったということです。その「評判」の片鱗を伝えるのが、このCDなのですが、中でも白眉はモーツァルトの「魔笛」からの「夜の女王のアリア」。タイトルを言われなければ、それがあの「ハイF」の連続するコロラトゥーラの難曲だとはまず分からないという、ハチャメチャな世界が広がっています。涙ぐましいのは、そんなデタラメな歌にきっちり合わせようと努力している(もちろん専属の)伴奏ピアニストの姿です。かくしてこのCDは、人々が音楽から「笑い」という特別な感情が伴った感動を得たいと思った時には必ず引き合いに出されるという、名誉ある地位を獲得することになったのです。
このような巧まざるところから爆笑を誘うという「名盤」は一朝一夕に生まれるものではありません。逆に、最初から「笑い」を狙って作られたものなどは、とても悲惨な結果を呼んでいるものが多く、笑いどころか聴いていて辛くなってしまうものの方が多くなってしまいます。そんな中で、久々に「名盤」たり得るものに出会えました。もちろん、最初からそのつもりで買ったものではありません。しかし、聴いてみればそれは紛れもなく本当の「笑い」を誘うもの、喜びもひとしおです。
タイトルは「美しき水車小屋の娘」、もちろん、有名なシューベルトの歌曲集を、全曲男声合唱のために編曲したというものです。演奏しているのは「盗賊」というあだ名を持つドイツの合唱団、最初にレパートリーにしたのがロシア民謡の「12人の盗賊」という、男声合唱の定番の曲だったというのが、その名前の由来だそうです。そして、グス・アントンという、まるでマーラーとブルックナーのファーストネームをつなげたような冗談っぽい名前の方が、指揮とそしてこの男声用の編曲を行っています。
ピアノ伴奏はオリジナルのまま。ですから、まず「さすらい」の浮き立つような軽快なピアノが聞こえてきます。その間に、聴いている人は次に出てくるメロディを心の中で思い浮かべ、どんな表現で歌ってくれるのか、楽しみな一瞬を持つことになるのです。ゲルネのような深いニュアンスでしょうか、はたまたボストリッジのようなとことん「濃い」表情でしょうか。ところが、そこで聞こえてきたものには、メロディーすらありませんでした。ハーモニーのパートがあまりにも頑張っているために、肝心のメロディが全く聞こえてこなかったのです。そのハーモニーすらも一人一人の音程がことごとく違っているので、全体としては全く「ハモる」ことはないのですから、すごいものです。メロディが聞こえないのであれば、表現など感じられるわけもありません。最後の「小川の子守歌」までの20曲の間、一体どこが「水車小屋」で、どこが「娘」なのか分からないまま、唖然として聴き続けることになるのです。
歌っている本人達はいたって真剣、そしてピアノ伴奏の人も、決してペースを乱されることなくしっかり弾いているというあたりが、ジェンキンス盤の精神を見事に現代に伝えています。そう、こんな面白いCD、絶対に狙って出来るものではありません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-06-27 15:05 | 合唱 | Comments(5)
Commented by 合唱ファン at 2006-07-08 22:05 x
男声合唱版の「水車屋」、非常に興味があります。フローレンス・フォスター・ジェンキンスを引き合いに出されたら益々!!
HMVやTower Recordで検索しても見つからなかったのですが、どちらで手に入れられたのでしょうか??
Commented by jurassic_oyaji at 2006-07-08 22:49
こちらです。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1423989
Commented by 合唱ファン at 2006-07-09 05:51 x
早速のレス、ありがとうございました。
HMVですか〜。探しきれてなかったんですね。
都内近郊在住なので電話で問い合わせてみて、あったら買いに行きます。なかったらネットで注文です。
私も歌中心のコレクションをしていますので、これからもちょくちょく立ち寄らせてもらいますね〜。
Commented by 合唱ファン at 2006-08-09 20:13 x
教えてもらってすぐに注文したのですが、未だに入荷していない様子です。輸入盤の入手は難しいですね。
Commented by jurassic_oyaji at 2006-08-09 22:06
半年経ってやっと届いたCDがあります。
それのレビューも近々エントリー予定。待っていればきっと届くはずです。