おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
M.C.Escher
c0039487_14301860.jpg
 いわき市でエッシャー展をやっていると知ったのは、少し前の新聞広告ででした。ハウステンボスのコレクションを各地で公開しているものの一環だそうで、確か去年あたりは横浜でもやっていました。その時もぜひ行ってみたいと思ったのですが、つい機会を逃して残念だと思っていたところに、この情報です。すぐお隣の福島県で横浜と同じ、というか、長崎と同じものを見ることが出来るのであれば、これに行かないわけにはいきません。なにしろ、仙台からならば「常磐線」で乗り換えなしでいけますからね。
 最近はもっぱら新幹線ばかり利用しているので、在来線、しかも「常磐線」などというマイナーな路線は全くのノーマークでした。時刻表を調べて分かったのは、仙台からいわきまで行っている特急は3時間に1本しか無いということです。しかも、その「スーパーひたち」といういかにも早そうな名前を持つ特急でさえ、丸2時間もかかってしまうのですよ。新幹線だったら、東京を通り越して新宿まで楽々行けてしまう時間です。なんという。
 それしかないのでは仕方がありません。仙台を10時に発って5時に帰ってくるという電車を選び、いわきで美術館に行く時間を作る、というスケジュールを立てて出発です。車中4時間、現地3時間という無駄の多い時間配分ですが、これ以外にないのですからやるしかありません。
 指定券を取った時に「11号車」とあったので、一番後ろの車両だと目星を付けて駅のホームへ向かうと、電車ははるか前の方にありました。なんと、それは「8号車」が一番前、全部で4両しかない「特急」だったのです。車中のアナウンスを聞くと、いわきで前の7両を連結するのだとか、つまりあれですね、「はやて」の後ろに付いている「こまち」の立場、秋田の人の気持ちが良く分かったような気がします。しかし、この電車の冷房の凄さったらどうでしょう、「もしや」とおもって長袖のシャツを用意していたのですが、とてもそんなものではこの寒さはしのげません。いわきまでの2時間、震えっぱなしでしたよ。これでは「スーパーひやし」です。
 そういえば、仙台から常磐線に乗ったのなんて何十年ぶりでしょう。それも、相馬より先には行ったことがありませんから、これも私の「初体験」、いわきが近づいて海がすぐ目の前に見えてきた時には感激ものでした。
 エッシャー展は、本当に素晴らしいものでした。実は、ハウステンボスが出来るずっと前に、日本では最初の本格的なものが池袋の西武美術館で開かれた時に行ったことがあったのですが、その時には見たことがなかった初期の作品がたくさん展示されていました。エッシャーと言ってすぐ連想される「だまし絵」が確立される前の、風景とか本の挿絵、これがとても素敵でした。それと、版木の現物、これが見られただけでも、寒い思いをしてはるばるやってきた甲斐がありました。ボリュームもかなりのもの、一つ一つていねいに見ていたら、帰りの電車の時間はすぐに来てしまいましたよ。でも、この美術館は駅から歩いて10分ほど、前もってネットで調べておいたので全く迷うことなく往復できました。ただ、昼食だけはいくらネットで調べてもこれぞというところがなかったので、行ってから探そうと思ったのですが、たまたまランチの看板があったので入ってみたお店が大当たり、ドリンクが付くので「ジンジャーエール」と頼んだら、あのウィルキンソンが出てきたのですからね。思わずお店の人に「これ、ウィルキンソンですよね」と聞いてしまいましたよ。そうしたら、「はい、辛口でございます」ですって。なんか、「つながってるな」と感じられた一瞬、いわきにまで来てこんなお店に出会えるなんて。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-07-29 21:34 | 禁断 | Comments(0)