おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
MOZART/Requiem
Rubens(Sop), Braun(MS)
Davislim(Ten), Zeppenfeld(Bas)
Christian Thielemann/
Chor des Bayerischen Rundfunks
Münchner Philharmoniker
DG/00289 477 5797
(輸入盤)
ユニバーサル・ミュージック
/UCCG-1339(国内盤)


正真正銘、現時点で最も新しい録音の「レクイエム」です。今年の2月にミュンヘンで行われたコンサートのライブ録音、合唱にバイエルン放送合唱団が入っていますが、その練習指揮を担当したのがペーター・ダイクストラというのが、注目に値するところでしょうか。本番での指揮者であるティーレマンよりもそちらの方に目が行くというのが、面白いところです。これは、言ってみればダイクストラのオーケストラ付きの合唱(普通は「合唱付きのオーケストラ」と言いますがね)での仕事のデビュー盤、確かに聴き逃せません。以前、合唱団だけのアルバムをご紹介した時には「決して楽観は許されない」と書きましたが、果たして、ここでの「下振り」の手腕はどうなのでしょうか。
ライブ録音とはいっても、最近ではかなり補正がきくようになっていますから、製品となったときにはそれほど大きなミスはまず見られないようになっています。しかし、この演奏のしょっぱなでの「ミス」とは行かないまでも、普通だったら編集されてしまうようなちょっとした「しくじり」が、そのまま残ってしまったのは、この指揮者(もちろん、ティーレマンですが)のアバウトさをいちいち修正していたのではたまらないという、プロデューサーの判断なのでしょうか。まさに冒頭、弦の軽やか(ちょっと意外)なリズムに乗ってファゴットが出たあとに、バセットホルンが明らか異なるテンポ感で入ってきたときに、やはりこの指揮者に精度の高い音楽を求めることは無理だったのだな、と悟るのでした。
そんな、テンポの管理すらままならない指揮者のもとでは、合唱の細かいニュアンスなどとても味わうことなど出来ません。コンビニの経営も、任せられません(それは、「店舗の管理」)。と言うより、この指揮者には合唱の力を引き出す能力など、まるで備わってはいないのではないでしょうか。大味なオーケストラの背後で、あえぎあえぎ歌わされている合唱団には、哀れみの情すらわいてきてしまいます。「Lacrimosa」など、無神経なオーケストラに隠れて、合唱はとことん存在感の薄いものになってしまっていました。そして、この曲の最後の「アーメン」での異常とも言える盛り上がり、そこには、合唱の美しさを決して信じることの出来ない、野暮なオーケストラ指揮者の姿しかありません。ですから、ここではダイクストラがいくら頑張ってみても、その成果を確かめるのは非常に困難になってきます。事実、ここで聴ける合唱団からは、「凄さ」のようなものは何も感じることは出来ませんでした。
ただ、ちょっと前までの「偉大な」指揮者には、大なり小なりそんな側面があったものです。スリムな編成で合唱から表情豊かな音楽を前面に押し出すようになったのは、それこそ「オリジナル楽器」が市民権を得るようになった、ごく最近のことなのでしょうから。言ってみれば、ティーレマンはそんな「巨匠」たちの重厚な姿を現代に蘇らせようとしている「ピエロ」なのかも知れません。確かに、この演奏にはある種の「悲哀」すらも漂っています。

そんな、昔からのこの曲の演奏を録音年代順にまとめたディスコグラフィーが、隔月の音楽雑誌「クラシックジャーナル」の最新号に掲載されています。ただ、表紙に大々的に掲げてある割には、それは実に質素なものでした。実質4ページ、なんの工夫もないテキストだけの羅列には、この仕事に対する熱意など、さらさら感じられません。最後の方に「06年」の録音が5本もあるので、「さすが、モーツァルト・イヤー」と感心したのですが、なんのことはない、それらは全てデータの間違いでした。唯一今年に録音されたこのアルバムさえも、「06年6月」となっているのですからね。そうなってくると、このリスト全体のデータを信用する人など、誰もいなくなってしまうことでしょう。
(9/12追記)
この雑誌の裏表紙の広告(BMGジャパン)で、とんでもないミスプリントがあることに、今気づきました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-09-11 19:59 | 合唱 | Comments(0)