おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
DURUFLÉ/Requiem


David Briggs(Org)
Adrian Lucas/
The Combined Choirs of Gloucester,
 Hereford and Worcester
GRIFFIN/GCCD 4023



デュリュフレのレクイエムには目がないものですから、入手できる限りのCDを聴いて、こちらにそれぞれ短いコメントを自分の言葉で掲載しています。特に今でも簡単に手に入るBISのグレイドン盤については、「素直な発声、均質な音色、正確なハーモニー、正しい音程、合唱の 質感をとらえた録音。どれをとっても素晴らしく、安心して身をまかせられる」と、普段の辛口ぶりからはとても想像できないような持ち上げ方を披露していますよ。それだけ素晴らしい演奏だったということ、本当に心を打たれるものに対しては、賛辞は惜しみません。
もちろん、これだけのリストを作ってしまったのですから、この曲のリリース情報には気を使っているつもりです。ただ、新譜に関してはほぼもれなくご紹介できるように務めてはいるのですが、マイナーなレーベルではついこぼれてしまうこともあります。これもそんな一例。別の曲を探していて偶然カタログから発見したものです。ただ、1999年6月の録音ですから、いざ取り寄せようとしてもすでに手近なところでは在庫はなくなっています。ダメモトでお店に注文を出して、しかし、数ヶ月後には入手できたのですから、なんとラッキー。
これは、イギリスのグロスター、ウースター、そしてヘリフォードという3つの大聖堂の聖歌隊が一緒になって演奏したものです。この3つの町、すぐ近くなのに空路で集まったのでしょうか(それは「ヘリポート」)。総勢60人近く、かなりの大人数です。そして、単なる「合同演奏」という次元を超えた、集まることによってさらに高いものを求める姿勢によって、素晴らしいものが出来上がっています。
この曲を少年がトレブルを歌っている聖歌隊で演奏しているものは数多く世に出ていますが、なかなか満足のいくものには出会えません。この曲のソプラノパートに要求されるものは、単に澄みきった音ではなくもう少し細かい表現力が伴ったもの、そのあたりで、やはり少年だけというのでは物足りない部分が出てきてしまうのでしょう。結局、先ほどのグレイドン盤のような成人女声によるものに頼らざるを得ないと。しかし、ここで3つの聖歌隊が合体した結果、このトレブルパートは、驚くほどの「力」を持つようになりました。そして、それはまさにこの曲にこそふさわしい力強さだったのです。例えば「Sanctus」でのクライマックス、「In excelsis」という部分での輝きはどうでしょう。これこそが、この曲が求めていたダイナミックレンジの理想的な再現なのでは、と思えるほどのエネルギーが、そこにはありました。
もう1点、驚かされたのが「Pie Jesu」です。もちろん、これは本来はメゾソプラノの独唱のための曲なのですが、これをトレブルパートがユニゾンで歌っているのです。ロバート・ショーのように、ソプラノパート全員で歌わせた例も今までになくはないのですが、それはパートソロにする必然性が全く感じられない、なにか中途半端な印象が拭えないものでした。しかし、これは違います。前半のしっとりした味は、トレブルならではの澄みきったもの、そして後半、音が高くなって盛り上がる部分では、少年合唱にはあるまじき、真に訴えかける濃厚な表現が出来ているのです。実際、これは凡庸なメゾ歌手など及びもつかない、殆ど涙を誘うほどの素晴らしいものでした。
In Paradisum」あたりは、そんな力強さが災いしたのか、やや繊細さに欠けてしまっているのが残念ですが、それでも十分な水準を保ったものであることは、間違いはありません。単にリストを充実させるだけのために入手したものが、これほどの素晴らしさを持っていたなんて、世の中、侮れません。
ちなみに、この曲が初演されたのは1947年のことですが、その時に指揮をしたのが、ロジェ・デゾルミエールだと、このCDのライナーノーツには書いてあります。以前「ウィキペディア」で調べたときに、このときの指揮者が「ポール・パレー」だとあったので、それを信じていたのですが、どうやらそれは間違いだったようですね。こういうものを鵜呑みにしてはいけません。念のため、他のライナーを全てチェックしてみましたが、「デゾルミエール」はあったものの、「パレー」は全く見つかりませんでした。こちらでは「パレー説」をとっているようですが。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2006-09-20 19:33 | 合唱 | Comments(2)
Commented by グレ at 2006-10-17 00:08 x
何度となくJURASSIC PAGEの方へはお邪魔しています。10月24日東京交響楽団の演奏会は来られますか。コーラスでステージに乗ります。是非聴きにいらして下さい。
http://www.tokyosymphony.com/concert/20061024special.html
Commented by jurassic_oyaji at 2006-10-17 09:10
グレさま、コメントありがとうございました。
(もしかして、お知り合い?)
フルオケ版を生で聴いたことはないので、ぜひ聴きたいのですが、あいにく私のオケも本番前の練習で休めません。
頑張って下さい。