おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Chor Aoba 2
 「禁断」では、あけましておめでとうございます。お約束通り今年の年賀状をアップしておきますね。おそらく、私が出した分は今日には着いているはずですから、もう公開してもいいでしょうし。
c0039487_2042159.jpg
 年頭の行事はいつもの通り、きのうは初詣(この辺では「元朝詣り」と言います)、今日は初売りという相も変わらぬスケジュールです。いつになく参拝客の多かった、地元「青葉神社」では、参殿に飾られているしめ縄がえらくきれいな色なのが目を引きます。お正月に合わせて新たに新調したのでしょうか。そう言えば、テレビのニュースでよそのもっとメジャーな神社でも、大量の藁を使って立派なしめ縄を作ったというのが紹介されていました。しかし、このしめ縄、とても藁とは思えないような、派手な色合いなのが、ちょっと気になります。待った甲斐あってやっと順番が回ってきた時に、間近で見上げてみたら、その色の正体が分かりました。これは藁を使ったのではなく、プラスティックス、正確には「紐」によく使われる「ポリプロピレン」を束ねたものだったのですよ。写真でも分かるはずですが、これは紛れもない、あの、古新聞などを束ねる時に使う「PPテープ」そのものではありませんか。私の家の今年玄関に飾ったしめ飾りには、まだ藁が使われていましたが、これがPPに取って代わられる日が、いずれはやってくるのでしょうね。こんな「プロ」が率先してまがい物を使い始めたのですからね。
c0039487_2043290.jpg
 しかし、今年の私の演奏会の予定は、「相も変わらぬ」というわけにはいかないことになってしまいました。オーケストラでは2回の定期演奏会という、いつも通りのものなのですが、合唱関係の予定が大幅に入ってきています。3月に東京でコンサートがあることは、こちらでご紹介しましたが、実はこれはそれだけでは終わらないのです。この中で演奏される「組曲津和野」の作家チーム、安野さん森さんの方から、「ぜひ津和野でも演奏したい」という話があって、その結果、津和野の「安野光雅美術館」の開館5周年記念事業として、このコンサートの1週間後、3月17日に現地で2時間のコンサートが開かれることになったのです(この件は、森さんのブログでも取り上げられていましたから、もう公表してもいいでしょう?Oさん)。「参加は自費」ということでしたが、そんな出費もなんのその、オペラシティの出演者のほぼ半数の80人が、このコンサートのために津和野まで行くということです。同じ列車に乗って、同じ旅館に泊まるというまるで修学旅行のノリ、今から楽しみです。
 そして、それが終わるとすぐ、8月にある「仙台の」コンサートへ向けての練習が始まります。ここで、私はなんと「第九」を歌うのですよ。オケではもう10回以上の本番を経験しているお馴染みの曲ですが、それを「歌う」のは久しぶり、どうなりますやら。それにしても、真夏に「第九」とは。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-01-02 20:46 | 禁断 | Comments(0)