おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
御訛りII
c0039487_19593542.jpg




伊藤秀志
CROWN/CRCN-20333


秋田県出身で名古屋在住のシンガー・ソングライター伊藤秀志が2003年にリリースした「御訛り」というアルバムは、強烈なインパクトを持っているものでした。それは、かつてヒットしたフォークソング(あるいは、「ニューミュージック」などとも呼ばれていました)の名曲を、秋田弁でカバーした、というものだったからです。イントロの合いの手に三味線が入るという分かりやすいアレンジで井上陽水の「夢の中に」が、「何(なん)どご探してらんだすか」という完璧な秋田弁のテキストで歌われているのを聴いた時、軽いカルチャーショックを誰しもが感じたことでしょう。
c0039487_2023073.jpg

CRCN-20293

しかし、このアルバムは、嘉門達夫清水ミチコが目指した「お笑い」とは一線を画すものでした。確かに秋田弁(かつて「ズーズー弁」と侮蔑的に呼ばれたことを逆手にとって「ZuZuバージョン」と言っています)によって殆ど意味が分からないほどにデフォルメされてしまった歌詞を聴くことから生じる「笑い」というものを一元的に狙っていたことは否定は出来ないでしょうが、ここにはそれだけにはとどまらない確かな訴えが込められていたことも事実なのです。それは、おそらくこの「ズーズー弁」圏内の言語で生活した経験のある人なら誰しも感じるはずの懐かしさのようなものなのかもしれません。たとえば、「貨物列車」を「貨物の汽車ッコ」(赤ちょうちん)、「造り酒屋」を「酒こしぇる家」(案山子)と言い換えた時に生まれる言いようのない優しさは、おそらく都会育ちの人にはわかりにくいことでしょう。しかし、さだまさしがちょっと気取って書いた歌詞がズーズー弁で歌われた時、私達には驚くほど素直に細やかな情感が伝わってきたのでした。それは、号泣すらも誘うものでした。
そして昨年、「II」が登場しました。ここでも前作のコンセプトは健在ですが、さらにパワーアップした世界が広がっていたのには、喜びを隠せません。それはまず、音楽的な幅広さです。いきなりオープニングで聞こえてきたファンキーなR&Bには、一瞬たじろいでしまうことでしょう。しかし、これは秋田弁が英語に聞こえるというかなり高度なネタでした。確かにスペースシャトルの「Endeavor」は「えんでばぁ」と聞こえます。同じネタはフリオ・イグレシアスの名曲「Nathalie」にも及びます。「ナタリー」を「納豆売り」と読み替えることに始まって、全てのスペイン語の歌詞を秋田弁に置き換えた結果、この歌は「デブの納豆売りがしつこく納豆を買うことを強要する」という内容のものに変わりました。これは大傑作。
ところで、なぜか、秋田弁の歌を聴いていると、韓国語に聞こえる瞬間があります。それに気づいた伊藤が雅夢の「愛はかげろう」をカバーした時、そこには二重の意味でのおかしさが生まれることになります。お気づきの方もいるはずですが、この曲は数年前大ヒットした韓国ドラマ「冬のソナタ」のテーマ曲に酷似しています(正確には、「冬ソナ」のほうが似ているのですが)。特にサビの部分は全く同じメロディ、ですから、これを聴けば秋田弁の彼方にヨンさまの愁いに満ちた横顔が浮かび上がるという、シュールな世界が広がることになるのです。
その様なサービス精神旺盛な、「Special Thanks」として紹介されている同じ名古屋のつボイノリオにも通じるような豪快な笑いの側面と同時に、前作で見せてくれた繊細な暖かさも健在です。伊藤のオリジナル曲、両親への思いを語りも交えて歌ったまるで「母に捧げるバラード」のような趣の「僕はゲロクト」は、武田鉄矢のような押しつけがましさなど全く感じられない心に染みる作品です。もう一つのオリジナル「らいす」も、秋田県出身者ならではの深い思いが伝わってきます。決して際物ではない、「フォーク」の精神の確かな継承が、そこにはあります。
タイトルは美川憲一の「お黙り!」でしょうね。いくらズーズー弁でも「女ばり(意訳:女性がたくさんいていいな~)」ではないはずです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-04-09 20:03 | ポップス | Comments(0)