おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
指揮者・オーボエ奏者・ジャズプレーヤー 茂木大輔
 最後の日になって、やっと「せんくら」へ行くことが出来ました。つまり、1日目は合唱の練習、そして2日目はニューフィルで茂木さんとの指揮者練習があったため、最初から予定が組めなかったのですよ。これは、きのうのリハーサル。
c0039487_2151148.jpg

c0039487_2152714.jpg

 その茂木さんのブログにあるように(ニューフィルのこと、持ち上げすぎ)、「せんくら」のことはご存じのようで、お仲間とすれ違うかもしれない、みたいなことも書いてありましたね。そのお仲間のうちの山下洋輔のコンサートが、コンサートホールで午前、午後と2コマあったので、これだけは早々とチケットを買っておいたのですよ。ですから、もしかしたら会場で山下洋輔を「聴きに来た」茂木さんとばったり出くわす、なんて場面も想定していました。
 午前の部の開演を待っていると、前の方にニューフィルのメンバーが1人座りました。と、その横にいるのも、やはり団員ではありませんか。2人並んでチケットを買ったなんて、この2人はそんな関係?(両方とも男ですが)ちょっと気になったので、そこへ行って話をしてみたら、なんと夕べ「招待状がある」という電話が茂木さんからあって、それで来たんですって。やはり、山下洋輔と連絡を取って、チケットを回してくれたのでしょうか。
 実は、山下さんを生で聴くのは初めて、最初の「ラウンド・ミッドナイト」が始まった時に、そのタッチの凄さにびっくりしてしまいました。このホールは特にピアノに関しては、プレーヤーの技量がもろに出てしまって、ちょっと手を抜くとモヤモヤとしてなんだかわけの分からない音になりがちなのですが、山下さんは全然違います。このホールで、これだけ1つ1つの音がピアノからはっきり聞こえてきたのは、ナミロフスキー以来のことでした。
 1曲ごとに本人のMCが入りますが、開口一番「本日は、サプライズのゲストをお呼びしてあります」と言ったので、もしや、と思いました。招待券が回ってきたと言うことは、茂木さんは「聴きに来る」のではなく、「出に来る」のではないか、と。もう2曲、オリジナル(2曲目は、来年1月に初演予定の「ピアノ協奏曲第3番」の第2楽章)を弾き終わったあと、「N響の首席…」と言ったとたん、その予感は的中、扉を開けて登場したのはオーボエ片手に燕尾服姿の茂木さんその人だったのです。
 「たまたま通りかかったので、来てみました」などと、茂木さんのMCもしゃれています。きちんと楽譜が出来ている曲のデュエットでは、ピアノパートはスイング、オーボエパートはバロックと、なかなか楽しめました。その次が圧巻。フリージャズ時代のレパートリー「グガン」を、オーボエでやったのですよ。いやあ、そのテンションの高さ。これにはやんやの拍手です。
 茂木さんが引っ込んだあと、お約束の「ボレロ」のソロで終わるのかと思ったら、アンコールで茂木さんともう1曲、いやあ、素敵でした。
 昼食を食べて、同じ場所で午後の部です。この時も会場の同じ席に、今度は女性の団員が2人いましたから、やはり茂木さんは出てくるのでしょう。午前と同じ曲だったらいやだな、と思っていたら、山下さんが弾き始めたのは「チュニジアの夜」、MCでも「両方来る人がいると思って、変えてみました」ですって。つまり、両方を聴いて普通のコンサート1回分という感じですね。
 茂木さんは、もちろん出てきました。曲目は全く同じだったのですが、アドリブソロが全然違います。さすが、ですね。MCももちろん違っていて、なんと「きのうは、仙台ニューフィルという伝統のあるアマオケとのリハーサルがありました」と、しっかり宣伝してくれましたよ。実は、会場には「まちりょく」という、半年先までのイベントを紹介した冊子が置いてあったのですが、その中には私が原稿を出した茂木さんの写真入りのページもあったので、それを見た人がこのMCを聴いたら、ニューフィルを聴きに来るのではないでしょうかね(と思ってみただけ)。
 終わったあと、その2人と一緒に茂木さんに会いに行こうということになりました。1人だと恥ずかしいけど、3人なら、というわけで、勝手知ったるVIPルームなどに入ってみたら、ちょうど茂木さんが出てきたところで、いろいろとおしゃべりが出来てしまいました。この出演が決まったのが、なんときのうのことだというのですから、すごいものですね。
 今日の予定はもう1件、イズミティでの菅英三子さんです。地下鉄の改札前では、これも「せんくら」の恒例行事の地下鉄コンサート、こちらにもニューフィルの団員が3人参加していました。
c0039487_213772.jpg
 菅さんは、プッチーニとヴェルディのオペラアリアというプログラムです。こちらも完全に圧倒されてしまいました。こんなすごい人と、この間は同じステージに立っていたなんて。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2007-10-08 21:05 | 禁断 | Comments(0)