おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Tropical Half
 篠崎靖男さんと共演したのは、いったい何年前になるのでしょう。ちょうどリハーサルをしている時に、フィンランドでの指揮者コンクールで入賞されたと思ったら、その時の審査委員長サロネンの推薦で、ロス・フィルのアシスタント・コンダクターに就任したのでしたね。しかも、そのロス・フィルでは、定期演奏会に客演予定のハンス・フォンクが急病のため、急遽代役でその定期を指揮するという、まるでかつてのバーンスタインのようなシンデレラ・ボーイを演じることになってしまうわけです(当のフォンクは、その後まもなく亡くなってしまいました)。
 その篠崎さん、最近ではロンドンを本拠地にして世界中で活躍されていますが、毎年欠かさず私宛、と言うか、ニューフィル宛に年賀メールを送ってきて下さいます。今年は身内にご不幸があったということで、年賀ではなくクリスマス前に届きました。
c0039487_2261520.jpg

 昨年の年賀メールにあったように、篠崎さんは現在フィンランドの「キュミ・シンフォニエッタ」というオーケストラの芸術監督をなさっています。そのコンサートのポスターの前での写真ですね。これに返事を出したら、個人的に返信が来たのにも、いつもながら感激です。フィンランドでのコンサートの帰り、ロンドンへ向かう機上でのメールだということです。その中で「いつの日か、再び音楽をご一緒できればと願っております」と、今でもニューフィルのことを気にかけて下さっているのが素晴らしいことですね。実際、大学のオケなどは今でも指揮されているようなので、本当に機会があればまたぜひご一緒したいものです。同じメールで、私が吹いたブラームスの4番の第4楽章のソロを「とても印象深く覚えております」とおっしゃって下さっているのは、もはや私にとっては生きる支えです。
 そんな、かけがえのないニューフィルの、今日は団員総会でした。確か、去年は「コール青葉」の練習があったので休んでしまったのですよね。やはり、年に一度の大切な総会ですから、きちんと出ておかないと。普通は1時間足らずで終わるものが、今回はちょっと面倒くさい議案もあったので2時間ほどかかってしまいました。でも、そのあとに控えている新年会(実は、こちらの方がメインだったりして)が始まるまで無駄に時間をつぶす必要もなくなって、かえって都合が良かったりします。
 ちょっと怪しげなビルの中にあるそのお店は、ちょっと小振りのダイニング、全くの貸し切り状態で、ゆったり座りながら料理や飲み物を楽しめます。そこで、いつものように飲めない私がソフトドリンクを物色してみると・・・
c0039487_2263375.jpg

 なんと、いまだかつてなかったような、ノンアルコール類の充実ぶりではありませんか。すっかり嬉しくなって、となりに座ったやはり飲めないしできさんと一緒に全種類制覇に挑戦です。
c0039487_2264415.jpg

 これが「シャーリー・テンプル」。ジンジャー(神社)で割っているのにテンプル(寺院)なんですね、などという話で盛り上がります。しかし、このノンアルコール・カクテル、なんだか適当にその辺にあったものを混ぜただけ、という、正直甘ったるすぎて付いていけないものでした。「トマトミルク」は最悪でしたし。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2008-01-12 22:07 | 禁断 | Comments(0)