おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
KARAJAN/Maestro for the Screen
c0039487_20154770.jpg







Georg Wübbolt(Dir)
ARTHAUS/101 459



カラヤンの記念年はまだまだ続きますねん。そんな中で、まさに今年2008年に制作されたドキュメンタリーなどというものが、即座にDVDでリリースされました。カラヤンの映像好きは多くの人に知られていますが、このフィルムはカラヤンと映像作品との関わりに焦点を当てて、その変遷を追ったものです。彼が残した映像はそれこそ腐るほどありますが、それらを惜しげもなく流すとともに、その時々に制作に関与していた人や、実際に演奏をしていた人たちへのインタビューを集約することで、立体的にその「裏側」が見えてくるという、極めて興味のある仕上がりとなっています。制作は、ベルリン・ドイツ・オペラのガラコンサートなどのDVDでのディレクターとして知られる、ゲオルク・ヴュボルトという、カタカナに直すのが極めて難しい名前の方です。
そもそも、「最初は、カラヤンは映像に対しては懐疑的だった」という証言が、今となっては驚くべきものです。しかし、そんなカラヤンが映像の力を信じるようになったきっかけというのが、日本でのテレビ放送だったというのですから、面白いものです。その、1957年の旧NHKホールでの日本語のテロップの入った映像が、まず注目されます。おそらく、当時生中継されていたのでしょう、その番組のリアクションを、ベルリン・フィルの団員たちとともに体験したカラヤンは、映像という媒体の影響力の大きさを、まさにその時に認識することになったのです。
その後、彼の映像を制作することになる2人の映画監督については、かなりの時間を割いて紹介されています。まず、フランスの巨匠アンリ・クルーゾーは、カラヤンが制作上のノウハウを獲得する人物として登場します。偉大な監督から謙虚に教えを請う、初期のカラヤンの姿が印象的です。対照的に、まるで実写版「ファンタジア」とも言うべきベートーヴェンの「田園」の前衛的な映像を作り上げたフーゴー・ニーベリングは、カラヤンの逆鱗に触れてしまった監督として描かれています。そして、このフィルムの最大の山場、「エロイカ」交響曲でニーベリングが最初に作った映像と、それをカラヤンが編集したものとが並べて映し出される、というシーンの登場です。あくまで音楽の視覚化を目指したニーベリング版と、自分自身の指揮姿だけを執拗に追い続けるカラヤン版、カラヤンが映像に求めたものを、これほど端的に物語っているシーンが、他にあるでしょうか。
実は、朝比奈隆とカラヤンとは同じ年だったことを、先日の「N響アワー」で知らされました。その時に流れたN響の映像では、殆ど全てのカットに朝比奈氏が登場していました。それはまさに必然として指揮者の姿が入っているもの、自分の姿を入れるために映像を作ったカラヤンとは良く似た結果になっていたとしても、その精神には雲泥の差があることを思い知ったのです。
ハンフリー・バートンやギュンター・ブレーストといった、今まで名前は知られていても、基本的に裏方に徹していた「大物」のレアな映像が、見物です。そんな有名無名の人々のコメントからは、カラヤンがビジネスとしてオーケストラ(や自分自身)に大きな利益をもたらしたことは明らかになっても、その映像の芸術的な価値について述べられることは、ついにありませんでした。彼が生涯をかけて成し遂げたのは、「カリスマ」としての自分の姿を「スクリーン」に記録したことのみだったのです。それは、おそらく100年後にはなんの価値もなくなっているのでは、というのが、ヴュボルトの視点だったのではないでしょうか。
このようなDVDの常で、これはもともとは放送用に制作されたものです。そして、ほんの数ヶ月前に、実はそのテレビ番組自体が日本でも放送されていました。それと比較してみると、このDVDは「商品」としての最低限のクオリティすら確保されていないことが分かってしまいます。最悪なのは日本語字幕。もちろん放送されたものとは別物で、誤訳だらけの上に、日本語としての体をなしていないひどいものでした。大賀典雄氏のコメントなどは日本語で語られている上にドイツ語のナレーションが重なり、さらにそれを日本語に訳した字幕が入るのですから、なんともシュールな世界です。さらに、放送ではソニーの盛田社長の家の表札には、きちんとモザイクがかかっていましたが、DVDではそんな「個人情報」には全く無頓着です。こんないい加減なものを決して安くはない価格で販売しようとする業者の感覚は、確実に一般の消費者には相容れないものとなっています。困ったものです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2008-06-23 20:22 | 映画 | Comments(0)