おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
続・奏楽堂
 この前の奏楽堂では、色々珍しいものがあったもんですから、写真を撮りまくってきました。気が付いたら150枚、銀塩カメラだったら何回もカートリッジを交換していたところですね。
 これが正面の門です。でも、この看板は新しく作ったのでしょうね。「旧」なんて、最初から書いてあるはずはありません。
c0039487_20231045.jpg

 入り口は、こんな風に階段になっています。やはり「校舎の一部」というコンセプトなのでしょうか。
c0039487_20232714.jpg

 ホールは2階ですので、階段を上ります。
c0039487_20235235.jpg

 ここがロビー。反対側にも同じものがあります。左手の階段を上るとホールの中です。
c0039487_20241058.jpg

 これが、ステージ上のオルガンのコンソール。蓋が閉まっています。電気式のアクションですね。
c0039487_20242910.jpg

 裸電球の下がる、レトロな廊下の先には「便所」の看板が。
c0039487_20244538.jpg

 でも、中身は普通の水洗トイレでした。
c0039487_2025239.jpg

 森さんが演奏するビンテージ・チェレスタの調律の様子です。といっても、ピッチは変えられないのでアクションの調整だけ。鍵盤からつながる棒で、アクションを動かします。その先には、ただの鉄琴が並んでいるだけです。
c0039487_20251568.jpg

 コンサートの前半は、真言宗の和尚さんによる「声明」とチェレスタのコラボレーション。そのリハーサルを楽しみます。声明はまさに日本音楽のルーツです。本番では緑の衣を着ていました。
c0039487_20253394.jpg

 暑い中、開場までの間、ベンチに座って待っているお客さんたち。
c0039487_20254426.jpg

 打ち上げには、さっきの和尚さんたちも普段着で参加。声明の一節を披露してくれました。
c0039487_20255715.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2008-07-30 20:26 | 禁断 | Comments(0)