おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
かやの木コンサート
 6月の始めに行われた「かやの木コンサート」をビデオで撮影していた人が、NHKに映像を送ったところ、それがオンエアされることに決まった、というのは、だいぶ前にお伝えしましたね。そして、その連絡があった直後にあの大地震があったために、ローカルニュースではとてもそんなものを放送している時間枠などはなくなってしまい、結局その話はボツになってしまったようでした。
 地震の報道が少しずつ収まってくると、もしかしたら保留になっていたそんな映像が放送されるのではないか、という淡い希望も湧いてきます。そこで、いちおうその「てれまさむね」という番組を、毎日録画しておくことにしました(それにしても、このタイトルは一体なんだというのでしょう。「まさむね」は分かりますが、「てれ」は、「テレビ」のことなのでしょうか。で、それがつながったとしてこれはどういう意味を持つのでしょうか)。ですから、その録画をチェックするのが、毎日の日課となるわけです。自動録画ですから、その番組の一番最初には、前の番組、全国ニュースの一番最後の映像が少し映ります。そこには、毎日同じアナウンサーが、全く同じ、少し首をかしげた姿勢で、カメラが切れるまでの一瞬を見守っているカットが現れます。いつ見ても全く同じ姿勢、というのが、さすがプロという感じです。
 しかし、そんな作業を続けても、一向にこのコーナー「マイビデオ」が再開される気配はありません。しかし、それがいつ始まるか、などということは決して分からないことですから、いつまでもこれを続ける以外に、方法はないのです。毎朝録画、それを毎日プレイバックという日が続きます。と、いつの間にか、その「マイビデオ」が再開されているではありませんか。ただ、それらの中には「かやの木」の映像はありません。もしかしたら、いつの日か放送されるかもしれない、と、かすかな望みを持ち始めたある日、1日だけ録画をするのを忘れてしまったのです。その日にもし放送していたのであれば、それ以上録画を続けてもなんの意味もなくなります。せっかく再開されたというのに、たった1度の過ちで、それを見る望みもなくなってしまうのでしょうか。残念ながらもう録画は出来ません。
 しかし、さすがは天下のNHK(@悲惨な戦い)、あちらの方から、「あした、特別大きな事件がない限り、放送する予定です」という電話が入りました。待った甲斐がありました。早速出演した「仙台フルートの会」の掲示板にも書き込んで、録画の準備に余念はありません。
 見られなかった人のために、映像をキャプチャーしてみました。他のビデオの放映もあったので、正味45秒程度しか放送されませんでしたが、何はともあれ懸案は解決です。
c0039487_2016553.jpg

c0039487_20172055.jpg

c0039487_20174658.jpg

c0039487_2018334.jpg

c0039487_20181739.jpg

c0039487_2018316.jpg

c0039487_20184394.jpg

c0039487_20185448.jpg

c0039487_2019869.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2008-08-01 20:19 | 禁断 | Comments(0)