おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 01日 ( 1 )
それもいっぱいになったら、どうしよう
 私の部屋のCDは、とどまることなく増殖を続けています。10年以上前ですが、そうなることを予想してかなり大きめのCD棚を買っていました。正確には13年前、その時に撮った写真がこれです。
 その時の「禁断」では、「いずれはこの隙間も全部埋まってしまうでしょう」みたいなことを書いていましたが、そんな日はとっくに訪れていて、実は、これを買ってしばらくして、これと同じぐらいの棚を買って、そちらに「合唱曲」以外のものは全部移してありました。ですから、この棚は合唱曲専用になったので、まあ、これだけの大きさだったらかなり持ちこたえてくれるだろうと思っていました。余裕も出来たので、きちんと曲目別に分けたり、そこに入らないものはレーベル順に並べたりと、なにか必要なものがあった時にはすぐに取り出せるように整理をしてみました。しかし、しばらくすると次第にそんなきれいごとは言ってられなくなりました。かなりあったはずの隙間は埋まってしまって、きちんとレーベル別に並べるためには大幅に入れ替えを行わないと入れる場所がなくなってきます。ついには、もうどう動かしても入らなくなってしまって、結局整理もされずにただ積み上げる、という最悪の状態になってしまっています。これが、最近の姿です。
 ですから、こうなってしまうともうなにかCDを探し出すのも一苦労です。確かにあったはずなのに、と思って探してみても、結局出てこなかったものが何枚あったことでしょう。これではいけない、と思っても、もうこの部屋の収納可能な空間は殆どCDで埋め尽くされているので、新しい棚を入れることすらできません。かといって、不要なCDを処分するのもためらわれます。勢いで売っぱらってしまおうと思ってDUなどに送っても、きっと後悔するだろうな、という気持ちが働いてしまうものですから、それは、いずれはある程度は出すことはあるかもしれないけれど、今はまだ、という気持ちが先に立ってしまって、なかなか決心がつかないんですよね。
 だったら、この現状を改善する事なんかは出来ませんから、何か方法はないかと、ネットでCD棚を探してみたら、大きさの割に収容枚数が多いものがあったので、ちょっと興味が湧いてきました。なぜそんなに入るのかと思ったら、どうやら棚の前後に2列にCDを入れるようなのですね。もちろん、後ろの棚は少し高くなっているので、かろうじて何があるのかは分かるようです。その分、奥行きが少し長くなりますが、これだったら間違いなく今はみ出しているものを入れてもまだまだ余裕が出来そうな気がしてきました。後ろの列に入れたものを出すのに苦労しそうだというネックはありますが、そこには中身のよく分かっているボックスものとか、どう考えても普通は聴かないようなものを入れておけば大丈夫な気がしますし。
 さっそく、それを注文したら、もう届いてしまいました。もちろん、自分で組み立てる必要がありますが、そうなると困ったことが起きました。前に買った時は、置く場所には何もなかったので、ただ組み立てればそれでよかったのですが、今回は、そんな隙間は全然ありません。ですから、まずは中身を全部出して、空っぽになったこの棚を別のところに持っていかなければいけないのですよ。一大プロジェクトですね。
 さらに、この棚をどうするかも考えなければいけません。まあ木製ですから、そのまま燃やしてしまおうか、とも思ったのですが、うまくすれば、新しい棚の上に、適当な長さに切ってしまえばピッタリ収まりそうな気がしてきました。それだったら、収容枚数はさらに増えますから万事OKですね。はたして、そんなにうまく、事が運んでくれるのでしょうか。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-06-01 21:27 | 禁断 | Comments(0)