おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 13日 ( 1 )
不本意ながら、PCオーディオに手を染めてしまいました
 先日のDSDのファイルをOPPOのBDP-105Dで再生しようという企ては、いよいよ本日敢行されました。再生ソフトなどは全てフリーでダウンロードできるのでお金は全くかかりませんが、唯一、PCとプレーヤーをつなぐUSBケーブルだけは買わなければいけません。こういうものは普通の電気屋で買うのよりネットを利用した方が品数も豊富ですしお値段もお安くなるというのは経験上分かっていますから、適当なものを注文してあってもう届いていました。プレーヤーの端子が「B」だというのと、結構長いものが必要でしたが、梱包を開けてみると全く問題のないものだったので、まずは一安心。
 手順としては、まずプレーヤーに信号を送るためのドライバーのインストールです。これは、必ずケーブルをつないで、かつ、プレーヤーの電源を入れておく、ということが必要なのだそうです。さらにもう一つ、電話で言われていましたし、OPPOのサイトの手引きにも書いてあったのが、リモコンを使って入力を「USB」に切り替えておく、ということでした。これは、何事もなく出来てしまいました。
 次が、再生ソフトの「Foobar2000」のインストールです。実は、これは別のPCでFLACファイルを聴く必要に駆られて既にインストールしたことがありますから、なんと言うことはありません。そして、最後に行うのが、プラグインのインストールです。Foobar2000だけではDSDは再生できないので、そのためのコンポーネントを新たに付け加えなければいけないんですよね。このソフトは、そういうことができるということで、多くの人に使われているものなのだそうです。手順としては、別のところにあるプラグインをダウンロードしてまずインストール、それを、Foobar2000に取り込むということになるのですが、ここでOPPOのサイトの説明が非常に分かりにくい書き方になっている上に、指示も間違っていたりしますから、ここだけ見ていたのでは絶対にうまく行かなかったはずなんですね。前もって読んでみて、なんだか意味が分からないところがあったので、他のところで、やはり同じようにこのプラグインをインストールする手順を案内しているサイトを参照してやっと意味が分かるようになっていました。
 それだけの準備をして臨んだのですが、やはり2つ目のプラグインでつまずいてしまいましたね。いくら手順通りにやっても、コンポーネントの中に表示されないのですよ。ま、それでもきちんと解凍をやり直したりして、何とか最後はうまく行きましたけど。
 それで、インストールの手順は全て終わり、そのあとは設定になります。そこで、DSDの詳細な設定のためのウィンドウを開いて、ドロップメニューから数値を選ぶことになります。
 この赤枠の中に、DSDのフォーマットを入れるのですね。ここでは「DSD128」となっていますが、これが5.6MHzDSDのことです。「128」というのは、CDのサンプリング周波数の倍率で、44.1kHz×128=5.6448kHz≒5.6MHzになるわけですね。ですから、SACDのような2.8MHzDSDは「DSD64」となります。さらに、現在最上位のフォーマットである11.2MHzDSDは「DSD256」になります。麻雀の点数計算みたいですね。さらに、この赤枠の中は、「DSD512」というのも選択できるようになっています。そんな先のことまで、ちゃんと用意されているんですね。
 ということで、思いもかけず「PCオーディオ」のシステムが完成してしまいましたよ。こういうのはあくまで途中の段階であって、いずれはこのような超ハイレゾでも、今のOPPOの製品のようにPCにつながなくてもファイルだけで再生ができるようになるのだと思っていますから、そういうものが出来上がるまでは下手に手を出すまいというスタンスだったのですが、必要に迫られてこんなことになってしまいました。
 いずれにしても、これで、ダウンロードしてあった2種類のDSDの比較を実際にできるようになりました。その結果、やはり5.6MHzDSDの音は、2.8MHzのものとははっきり違っていました。同時に96kHzと192kHzのPCMとも比較したのですが、しっとり感というか、瑞々しさの点では、2.8DSDは96PCMにも及ばないのですね(このあたりは、いままでSACDとBD-Aを聴いてきた経験から、納得です)。それが5.6DSDになると、192PCMの持つ瑞々しさの上に、さらに繊細さが加わるんですからね。
 ま、あくまで「個人的な感想」ですから、そんなに気にすることはないとは思いますが、やはりSACDのフォーマットは最初から5.6にしておけばよかったのに、と、ひそかに悔しがっているところです。SONYは、CDで犯した間違いを、SACDでも繰り返していたのでした。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-06-13 21:37 | 禁断 | Comments(0)