おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 30日 ( 1 )
BACH/Messe en si mineur
c0039487_20061884.jpg
Anne Ramoni(Sop), Jean-Michel Humas(CT)
Frédéric Grindraux(Ten), Fabrice Hayoz(Bas)
Michel Jordan/
Chapelle vocale de Romainmôtier
Ensemble Musica Poetica
GALLO/CD-1453/54




スイス、ローザンヌの北西、フランス国境に近いジュラ山中に、ロマンモティエ=アンヴィーという村があります。そこには中世の街並みが広がり、11世紀に建てられたという教会が観光名所となっています。このCDには、その教会で演奏された、バッハの「ロ短調ミサ」のライブ録音が収められています。
ジャケットにあるのが、その教会の外観です。2つの尖塔がかわいいですね。石造りの建物の中では、祭壇付近がステージになっていて、合唱団がかなり急勾配の雛段に立っています。その前にはオーケストラ。お客さんは信者席だけでは入りきらず、祭壇の脇にも椅子を出して座っているようです。おそらく、この村中の人たちがみんな集まってきているのでしょう。
このオーケストラは、「アンサンブル・ムジカ・ポエティカ」という団体、1982年にチェリストのオーギュスト・オーギュスタンという人が設立したものです。ピリオド楽器を用いて、17世紀から18世紀にかけての音楽を演奏していますが、特にバッハの宗教曲などが主なレパートリーになっています。おそらく、基本的に室内楽のような小規模なものを演奏する団体で、曲目によって必要なメンバーを適宜追加する、というようなスタイルを取っているのでしょう。この「ロ短調」では、通奏低音がチェロとコントラバスの他はオルガンだけというシンプルなものでした。
オーケストラのレベルはかなりの高さ、時折トランペットに問題が発生していたりしますが、それはライブならではの「事故」でしょうから別に構いません。フルートのオブリガートもなかなか端正で、全く不満は感じられません。
ソリストは、本当は5人必要なのですがここでは4人しか用意されていませんでした。まあ、ソプラノ2のパートは代わりにアルトが歌えば済むことですからこれも別に問題になるようなことではありません。実は、この演奏では「Credo」の中の「Crucifixus」という合唱のナンバーだけが、ソリストだけによって歌われています。合唱のパート構成が複雑なこの曲ですが、「Credo」の場合は一応ソプラノが2声部に分かれていて5声部で歌うようになっています。ですから、それをソリストだけで歌うと1人足らなくなるはずです。ブックレットにもちゃんとこう(↓)とありますからね。

でも、安心してください。楽譜では、この曲だけソプラノ1がお休みなんですね。4人でも大丈夫。


このソリストたちの声は、なんだかずいぶんオフ気味に聴こえます。というか、エンジニアがソリスト用のマイクを用意していなかったような、バランスの悪さです。一発録りのライブだったとは言っても、リハーサルの段階で分かりそうなものなのですが。
どうやら、ここでの「主役」は、この教会の名前を自分たちの名前に入れている合唱団のような気がします。ここでの指揮者、ミシェル・ジョルダンによって1966年に創設されたという由緒ある団体です。メンバーは60人を超える人数ですし、男声の比率も高くてバランス的にも理想的なパートの編成になっています。
ところが、彼らが歌う声といったら、何ともハスキーで芯がないんですよね。それを各々が勝手な歌い方をしているものですから、パートとしてのまとまりが全くありません。ソプラノ1のパートなどは、高音を専門に担当するはずなのに、G(実際はG♭)あたりでもう出なくなっていますよ。そして最悪なのがポリフォニー。ほとんど練習なんかしなかったのでしょう、メリスマなどは音すら取れていませんし、テンポは全く収拾がつかない状態です。「ジョルダンさん、これはいったい何の冗談ですか?」と言いたくなるほど、親類縁者にタダで配るのならいざ知らず、こんなCDを4000円近くで販売するなんて、許されないことなのではないでしょうか。「暮らしの手帖」(いや、「あなたの暮らし」)の商品テストだったら、「決して買ってはいけないCD」という烙印を押されることは間違いありません。

CD Artwork © VIDE-GALLO
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-08-30 20:13 | 合唱 | Comments(0)