おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 07日 ( 1 )
MCもハイレゾだとはっきり聴こえます
 先週は台風の影響で練習はお休み(正確には「自由参加」)だったので、きのうは1週間ぶりのニューフィルの練習でした。その日がお休み(正確には「自由参加」)になってしまったので、私としてはスケジュールが散々なことになってしまいました。もうきのうには間違いなく発行できるだけの準備が出来ていたのに、肝心の写真を撮ることが出来なくて、泣く泣く発行日を延期せざるを得ませんでした。ニューフィルの場合、毎週全員の合奏をやっているわけではないので、単純に1週間伸びるだけでは済まないんですよね。結局、6日に発行できたはずのものが18日まで延期されることになってしまいましたよ。実は、その次の号の予定もすでに決まっていて、それはほぼ予定通り出すので、1ヶ月も間を空けないで次が出る、ということになってしまいました。私としては、いわば「自由参加」に決まったことで「被害」を受けた、という形なのに、なぜか、「練習が始まるころには台風の心配はなくなっていたのに、休んだりする人はニューフィルに対する愛情が足りない」などと言われてしまうのですから、たまったものではありません。
 ですから、本当は先週入手できたはずのものを、1週遅れで手に入れる、ということになってしまいました。それは、この間の「真夏のアンサンブル大会」のブルーレイです。あの時にやったモーツァルトなんて、なかなか自分が演奏する映像なんて撮ってもらえる人はいないでしょうからね。もちろん、あの時には自分でもボロボロの演奏を披露してしまったな、という印象しかありませんでしたから、本当のことを言えばもうあんなものはなかったことにしたい、という気持ちの方が強いんですけどね。ほんと、第2楽章なんてあそこまでコントロールがきかなくなってしまうなんて思ってもみませんでしたから。
 ですから、家へ帰って、まさに「怖いもの見たさ」で見てみたのですが、いやあ予想通りヘコみましたねえ。あそこまでひどかったとは。もう指は回ってないしピッチはいい加減だし、ブレスだってあんなに頻繁に取っていたなんて、自分のことながら本当にいやになってしまいました。
 実は、きのうは映像だけではなく、録音もいただいていました。Nさんが最近買ったハイレゾのレコーダーで24/96で録音したデータを貸してくれたのですよ。それを今朝になって自宅のPCで聴いてみたら、なんだか映像の音ほどひどくないんですね。なぜか、すごく走っていると思っていたところも全く気にならないほどですし、何より音に伸びがあります。これはいいな、と思って、職場できちんとFoobarとDACを使って聴いてみたら、結構いいんですよ。まあ、さっきの第2楽章なんかは、ごまかしているところはよりはっきり分かりますが、出てくる音はとてもあんなに苦労しながらやっとのことで出していた音には聴こえません。やるじゃない、って思ってしまいましたね。Nさんのお蔭で、すこしヘコミが和らぎました。まあ、課題はまだまだあることだけは分かりましたけどね。
 実は、前回新聞広告で見ただけで、そんなモーツァルトのフルートよりひどい、と思ってしまったさる「音楽図鑑」を、amazonの案内で見てみたら、ページのサンプルが公開されていました。その中に、こんなイラストがありましたよ。
 これはシロフォンでしょうが、なんだか「黒鍵」の部分が少しずれてませんか?遠近法で少し歪んで見えることを差し引いても、これでは白鍵の「真上」に黒鍵があるように見えますよね。
 実物の写真はこんな感じです。これだったら、ピアノなんかと同じように白鍵の「間」に黒鍵があることがよく分かりますよね。
 ここまでいい加減なことをやっているとなると、私としてはぜひ現物を手に取って詳細に調べたくなってしまいます。そこで、とうとうこの「図鑑」を買ってしまいましたよ。そうしたら、さらに信じられないようなことがあとからあとから出てくるわ。もう、うれしくなってしまいます。まさか、こんなところでこんな素晴らしい「ネタ」が見つかるなんて。近いうちに、窓ガラスに石をぶつけられるのを覚悟で、この「図鑑」の「商品テスト」の結果を公表する予定です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-09-07 22:20 | 禁断 | Comments(2)