おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 12日 ( 1 )
らじる★らじるもインストールしました
 いつも車ではラジオをつけっぱなしにして、ほとんどFM仙台を聴いていますが、最近やたらと「ラジコ」という言葉が聴こえてきます。つい最近、そのようなサービスを始めたのだとか。インターネット経由でスマホでもラジオが聴けるというものなのだそうですが、何をいまさら、という感じでした。というか、そういうものにはもうすでにこの放送局も参加していたはずです。ドコデモFMとか。でも、それは有料のようですが、ラジコの方はどうやら県内で聴く分には無料のようですね。さらに、昨日あたりからは、以前放送した番組を自由に選んでもう1度聴くことができるようなサービスも始まった、というのですね。もちろん無料で。そういうことであれば、ちょっと食指が動きます。
 実は、ちょっと前まで、この放送局で放送されていた山下達郎の番組は、毎回欠かさず聴いていました。ただ、それはリアルタイムではなく「留守録」で聴いていたんですね。自宅だとまずその時間は家にはいないし、たとえいても、もはやまともにFMを聴くことが出来ないような環境になっていますからね。それで、職場で、大昔のFMチューナーと、留守録用のタイマーを組み合わせてMDに録音するという、もはやほとんど見られないようなシステムで録音したものを聴いている、という状態がずっと続いていたのです。それが、最近は、チューナーが悪いのか、電波状態が悪いのか、あるいは、これも昔ながらのフィーダー線で作ったアンテナが悪いのか、とてもひどい音でしか録音できないようになっていました。そもそも、ステレオで受信すると感度が落ちるので、モノラルにしていたぐらいだったのに、なんせダイヤル式のチューナーですから、チューニングも狂ってきたりして、ノイズが多くてとても聴いてられない状態になっていました。いや、もはやノイズしか聴こえてこないようなときもありましたね。
 ですから、もうこれは使い物にならないと分かったのですが、それ以外の方法が見つからないので、結局聴くのをやめてしまいました。いや、タイマー付きのラジオ、みたいなものもあるようですが、なんともイマイチの仕様のものばかりですからね。
 という状況だったので、今回FM仙台がラジコで聴けるようになって、そこの「タイムフリー」というサービスが使えるとなれば、別に留守録が出来なくても好きな時に聴くことができるようになるじゃないですか。ですから、勇んでiPhoneにアプリをインストールしてみました。
 でも、確かにラジオの音はしっかり聴こえてきますが、肝心の「タイムフリー」の操作が全くできません。そうしたら、「お知らせ」というところに、「PCやアンドロイドでは対応できるが、iPhoneのアプリはまだアップデートされていない」とあるではありませんか。あれだけ大騒ぎして、そういうことだなんて、ちょっとがっかりです。でも、少し経ったら「お待たせしました」と、アップデートの告知があったので、さっそくアップデートしてみたら、もう表示画面がすっかり変わっていて、「タイムフリー」もすぐわかるようになっていましたね。
 それで、さっそく日曜日に放送された達郎の番組を、久しぶりに聴いてみました。
 その中で、達郎は、「48Kで作ったデータを放送局の出力の44.1Kで流したので、ピッチが下がっていた」なんて話をしていましたね。サンプリング・レートのことなんですが、そんなことって、本当にあるのでしょうかね。ただ、FM放送のフォーマットがそんなに立派なものだったとは知りませんでした。でも、それにしては、実際に今聴いている音はあまり良くありません。と思って調べたら、ラジコの場合の出力はAACだったそうで、それならこの程度の音は納得です。でも、ノイズの心配を全くしないで聴けるのは気持ちいいものですね。
 ただ、これは全てのプログラムに対応しているわけではなく、聴けないものもあるようです。
 なぜ達郎が聴けて福山がダメなのか、誰か教えてください。さらに、もう一つ制限があって、同じプログラムは3時間しか聴くことはできないのだそうです。ですから、しばらくしてさっき聴いていた達郎のところに行ってみたら、

[PR]
by jurassic_oyaji | 2016-10-12 21:25 | 禁断 | Comments(0)