おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 15日 ( 1 )
キリ番はだれでしょう
 きのうのニュースで、「内田光子がグラミー賞を受賞」と言ってましたね。そのあとで「クラシックの最優秀ボーカル・アルバム」と付け加えていましたが、てことは、内田光子は歌も歌っていたのでしょうか?いやいや、そんなことはありませんね。この「Best Classical Solo Vocal Album」というカテゴリーで受賞したのは、ソプラノのドロテア・レシュマンがシューマンとベルク歌曲を歌ったアルバム。内田光子はピアノ伴奏として参加していただけです。もちろん、レシュマンの歌を側面から支えたからこそ受賞したのでしょうが、この賞の趣旨としてはあくまで対象は「Solo Vocal」なわけですから、こんなに大騒ぎをするほどのものではないような気がするのですけどね。
 そのグラミー、数年前に五島みどりが受賞した時にはカテゴリーの数は82だったのですが、今回はそれが84になっていましたね。それだけ、新しいジャンルの音楽が出てきた、ということなのでしょうか。まあ「世界最大の音楽賞」とか言ってますが、たしかにカテゴリー数から言ったら、間違いなく「世界最大」でしょうね。
 この「Best Classical Solo Vocal Album」というのは80番目カテゴリーなのですが、その3つ前の77番目には「Best Choral Performance」というのがあって、そこで賞を取ったアルバムはこちらで聴いてました。内容的には空虚なアルバムでしたが、要は売れたかどうかが受賞の基準なのですから、こういうのがアメリカ人は好きなのでしょう。そして、ここでノミネートはされていても受賞は逃したものに私の大好きな「2L」のアルバムが入っていたのには、うれしくなりましたね。こちらの方がペンデレツキよりはずっと中身は充実していると思うのですが、これが「グラミー賞」なのですから、仕方がありません。でも、この「2L」は、他の部門でも結構ノミネートはされているのですね。なんか、うれしくなってしまいます。
 とは言っても、しょせんクラシックの部門はこの賞の中では「ついでに設けた」というイメージは避けられません。そんな結果に一喜一憂して、ここでの受賞アルバムを大々的に売り出そうとしているクラシック・レーベルの姿ほど、哀れなものはありません。
 どんなにあがいても、ニューフィルがグラミーを取ることなどはあり得ないので、こちらは淡々と日頃の活動を積み重ねていくだけです。この間、今度の定期演奏会が行われる地域への宣伝活動の話が出たことを受けて、私は早速その具体的な作業に入りました。とは言っても、実際に手をかけたのはポスターチラシに「名取市文化センターでもチケットを取り扱っています」というシールを貼りつけたことだけですけどね。実は、これは職場で大量に24面のあて名シールがあったので、それを使わせていただきました。そもそもは、郵便物を「ゆうメール」で送るときに、封筒にハンコを押す代わりにシートにコピーして貼り付けるために、ネットで安売りをしていたものを買ってあったのですが、それももう貼付が必要な封筒が残り少なくなったので(これからは、印刷してもらいます)、かなり余ってしまったんですね。ですから、2枚プリントすれば、48枚のシールが出来ますから、ほぼ1袋分のチラシに貼ることができるのですよ。
 あとは、昔多賀城でやった時に、同じように学校に配った案内状が残っていたので、それに手を入れて招待券と一緒に封筒に入れて発送すれば、出来上がりです。ただ、多賀城ではそれをやっても集客は悲惨でしたから、今回もそれほどの効果はないかもしれませんが、まあ、きっと報われることはあるはずですから。
 そういえば、ニューフィルのFacebookページの「いいね!」が、現在399件、あと一人で400になりますよ。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-02-15 22:39 | 禁断 | Comments(2)