おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 05日 ( 1 )
アイリスオーヤマのCMだけは、もっと高尚なものに
 きのうのニューフィルの練習は、前半が「運命」でしたが、やるのは1楽章と2楽章だけの予定だったので、私のピッコロが出てくる4楽章はやりません。ですから、別に最初からいる必要はないのですが、新しい「かいほうげん」を持ってきたので、それを最初に配るために、いつもと同じ時間に行ってみました。いつもだと人が揃った休憩時間に配っているのですが、たまにはこういうのもいいでしょう。というか、休憩時間には技術委員会があるということだったので、暇がありませんし。
 ですから、練習が始まった時には、みんなの手元には「かいほうげん」があることになるのですが、それに対しての団長の反応は「なんでこんなに早く来春の予定が載ってるの?」でした(実際は、もうちょっとひねくれた言い回しでしたが)。実は、指揮者はすでに決まっていましたし、まあ土曜日に会場が取れたかどうかが分かるはずなので、出来たらその情報も入れられるようにと、少し余裕をもって作ってありましたから、当否に関わらずすでに出来上がっていたのです。いずれにしても、いつも発行日の前の日に入った情報でも載せられるような体制で作っていますから。
 配ってしまったら、あとはヒマですから、気になっていた番組をradikoで聴いてみることにしました。なんでも、月に1回仙台フィルの〇野さんがパーソナリティを務める1時間番組が始まったそうなので、それを聴こうと思っていてもなかなか時間が取れなかったのが、ここでちょうど1時間のフリータイムが出来ましたからね。フリータイムにタイムフリーを聴く、っということですね。
 ところが、探して見ると確か日曜日の19時から、と聞いていたのに、その時間に目指す番組はなく、その前の日の同じ時間になっていました。ですから、それを選んで聴き始めたら、なんだかオープニングがやたらカッコいいジャズで始まったではありませんか。確か、仙台フィルの音源を集めた番組だ、と言われたような気がしていましたが、オープニングだけは気を引くようにこんな音楽を使っていたのでしょうか。しかし、それに続いて聴こえてきたのは板橋恵子アナウンサーの声。これは、彼女が毎週やっている「ジャズ・ストラッティン」じゃないですか。radikoをよく見てみると、オンエア曲にビル・ウィザースの「Let It Be」なんてありますから、これはタイトルを間違えていたのでしょう。
 なんせヒマですから、この画像をFacebookに上げたら、なんと、当の〇野さんからコメントがあって、オンエアはやはり日曜日だというのです。
 この番組が、そうなんですって。でも、それから聴き始めると「運命」の練習が終わって私の出番になってしまいますから、後日再アタックということにしました。タイムフリーの場合、途中でやめてまた後で、というのが出来ないんですよね。聴き始めたら3時間以内に聴き終わらないと、もうその端末では聴くことが出来なくなってしまうんです。まあ、別の端末、PCだったら、新たに3時間もらえますけどね。。
 そして、今日になってやっとそれを全部聴き終わりました。なかなか楽しいお話で、面白かったですね。最後に、ブラームスの交響曲第1番なんて、この間演奏したばかりの曲が流れたので、思わず比較してしまいましたよ。やっぱり、4楽章のフルートソロには耳が行ってしまいますね。この人も、やはりCが低めだな、とかね。
 ただ、この番組は前にも何度か聴いたことがあるのですが、演奏の途中でなんだかレベルが変わっていくことがあるのは気になりますね。リミッターをかけているのか、あるいは手動でフェーダーを操作しているのかは分かりませんが、クレッシェンドで盛り上がっていくところで決まって音が小さくなっているんですよ。クラシックの場合はダイナミック・レンジが広いですから、最初の設定が大きすぎるとこういうことになってしまいます。正直、このままフェードアウトしてしまうのでは、と思えるほどのものでしたから、とても気持ち悪くて。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-04-05 22:11 | 禁断 | Comments(0)