おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 14日 ( 1 )
ナクソス・ジャパンの不審な行動
 きのうの「おやぢの部屋」で取り上げたCDで、ジャケット(バックインレイ)や帯の間違いを指摘したら、どうやら代理店サイドでの動きがあったようです。「ようです」というのは、別の私のところに「間違えてごめんなさい」みたいなコメントが届いたわけではなく、明らかに「おやぢ」を見たので行ったと思える行動があったからです。
 まずは、一応きのうのおさらいを。これが、「間違った」帯原稿です。
 当然、これと同じものがインフォとしてネットにアップされているはずです。たとえばHMV。
 これは初めて見たのですが、間違っている箇所は同じですが、微妙に内容が違いますね。ブックレットにあった初演の情報なども入っています。普通はそのまま使いまわすのに。帯では字数制限があるので、少し短くしたのでしょうか。ただ、この文章と、下にあるデータを一緒に読むと、曲が出来る2年前に「初演」を行ったことになりますね。この時点で気が付かなかったのでしょうか。それと、楽譜の行方などはブックレットを参考にしたのでしょうが、こんなことは書いてありません。
 この、販売店向けのインフォは、当然代理店自身のインフォでも同じものを使います。そこで、代理店のサイトに行ってみると、NMLにリンクされていました。「社内」ですから、同じことなのでしょう。
 このように、赤線の部分だけ変わっていました。これは、「おやぢ」を書く前に確かめたわけではないので確証はありませんが、この日付の時点で「19歳」と書いていたはずはまずありませんから、おそらく今日の朝にでも書き直したのでしょう。HMVの方までは直すことはできませんからね。
 さらに、驚いたことに、ここではブックレットやバックインレイのPDFが見られるようになっているのですが、そこまで「正しく」なっていました。
 私が買ったCDでは、こうなっていました。
 これはどういうことなのでしょう。代理店には「正しい」インレイがあったのだとか。でも、それだったらHMVのインフォで作曲年代を間違えることはありませんよね。これは、間違いなく画像を加工したのでしょう。ご苦労様、としか言えません。というか、せっかく加工したのなら、モットルの没年の後の余計な「)」も消せばよかったのに。
 でも、ここまでやったからには、今後販売するこのCDでは、帯とインレイがこのような「正しい」ものに差し替えられているのでしょうか。いや、逆に、ここまでやって間違ったものを買わされたりしたら、それこそ「偽装」になってしまいますよね。ですから私は、もう一度このCDを買ってみるつもりです。この代理店は、自分で自分の首を絞めてしまいました。お気の毒に。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-04-14 22:35 | 禁断 | Comments(0)