おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 28日 ( 1 )
「セブン」ではありませんでした
 朝ドラは、みね子が引っ越してから俄然調子が出て来たみたいですね。やはり早苗さんの出現がポイントでしょうか。今週はビートルズ来日ネタ、それに絡めて「わたしは、リンゴ」ですからね。分かりますよね。彼女もドラムをたたきながら歌ってますからね。
 きのうのニューフィルの練習では、必要だった写真をもう一人分撮ったので、これで全部の写真が揃いました。その人は私のすぐ隣で吹いているのですが、エルガーの交響曲第1番をやりながら、「これ、今度シティ・フィルが演奏するんですよね」などと、貴重な情報を教えてくれました。最近知ったのですが、彼(彼女)は日本のオーケストラの情報にはかなり詳しくて、どこのオーケストラの常任指揮者がだれかだけではなく、客演指揮者のことまでよく知っているようでした。もちろん、私が11月に聴きに行くメシアンのことも知っていました。ちょっと前に書きましたが、私がチケットを買ったので、買おうと思ったらすでに売り切れだと知ってがっかりしていたのは、彼(彼女)です。
 帰ってからそのエルガーのことを調べてみたら、確かにこちらにありました。指揮者は私もモーツァルトの「レクイエム」で指揮されたことのある藤岡さんですね。休日ですから、行ってみようかな、とも思いましたが、この日は「杜の都合」の練習と、マンションの夏祭りですでに予定は埋まってしまってました。でも、せっかくの情報ですから、ニューフィルのサイトからリンクを張っておきましたよ。考えてみれば、このサイトは全国の人が見ているのですから、演奏会の案内もなにも仙台だけに限ることはないのですよね。これからも、こんなのを見つけたら載せることにしましょう。情報、待ってます。
 その練習の後には、また選曲の会議がありました。メインはもうチャイコフスキーの5番に決まったので、その前曲の候補選びです。結局、私の希望はことごとく落とされて、なんだかしょうもないものばかりが残ってしまったようですね。ほとんどが消去法で落とされて、その結果残ったというのですから、ポリシーも何もない曲の羅列です。悪しき民主主義が、ここでも大手を振っていました。
 メインにしても、結果的に仙台市内で同じ曲がうちの演奏会の前後に並ぶことになってしまいましたね。これも、変な原則を貫いた結果です。ということで、そんな結果を客観的に伝える「かいほうげん」では、おそらく発行までには全曲は決まらないでしょうから、メインだけでも紹介して、その前後のコンサートもきちんと紹介しておきましょう。それをさっきのエルガーと組み合わせて2ページ、というのを作っておきました。これで、今回は私の仕事はほぼ終わったも同然です。
 これは、最近読み終わった本。設定がかなり非現実的なのにはちょっとたじろぎましたが、読み始めてみるととてもすんなり入っていける心地よさがありました。一応ミステリーというか、謎解きが本来の趣旨なのでしょうが、それよりも二人の不器用な友情の関わり合いにとても惹かれてしまいましたね。やはり最後にものを言うのは、いかに現実をていねいに描くか、なのではないでしょうか。
 ですから、奇抜さと非現実しか追求していない「貴族探偵」は、ドラマになっても面白いわけがありませんでした。一応最後まで見ましたが、もうずっと相葉くんがかわいそうで仕方がありませんでした。なんでこんなドラマに出演したのでしょう。あと、「謎をひもとく」という言い方は間違いです。
 その点、みね子は、着実に好感度を高め続けているのではないでしょうか。彼女からは現実味が滲み出しています。というか、現実にこんな人がすぐ周りにいそうな気がしますから。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-06-28 22:51 | 禁断 | Comments(0)