おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 02日 ( 1 )
自由通路が仙台駅と似てますね。
 「ブラタモリ」で大宮をやっていましたね。この番組、今の行政区名にこだわらないタイトルを使っているのが、なんだかありがたいですよね。「博多」の時にも、「福岡市」なんて言ってませんでしたから。今回も「さいたま市」とは言わずにきっちり「大宮」ですから、うれしくなります。実は私はかつて大宮市民だったことがありますから、なんか今の「さいたま」にはなじめないんですよね。
 その頃勤めていた会社が大宮にあって、最寄りの駅は高崎線の宮原駅、最初はそのそばの独身寮に住んでました。そのうち寮を出て川口市に新しくできた公団アパートに引っ越したのですが、会社に通う時には京浜東北線に乗って大宮で高崎線に乗り換えていましたね。そのころは東北、上越の新幹線と、在来線は高崎線と東北線、京浜東北線、それに東武線も同じ駅舎内にありましたね。
 それが、今ではいったい幾つの線路がこの駅に入っているのでしょうね。昔はなかった「湘南新宿ライン」とか「宇都宮線」なんて名前もありましたし、新幹線もずいぶん増えましたね。確かに、この番組のテーマの「鉄道の町」にふさわしい駅でした。そこであえて鉄道博物館を取り上げなかったのは、一つの見識ですね。
 氷川神社なんかも、確かに行ったことがありますし、大宮公園なんて、確か会社のお花見で真夜中に行ったことがあったことを思い出しましたよ。今では完全に新幹線の通過駅(たまには乗換駅)になってしまっていて、駅で降りて市内に行くなんてことはなくなっていますけどね。それにしても、ネットで検索したら、大宮駅の構内にはこんなタペストリーが飾られていたことが分かりました。もうこうなると「観光資源」ですね。この番組は。仙台でもこの番組に出た人が、一躍有名人になってましたからね。
 まあ、ここに住んでいたころには、よもやオーケストラに入ってマーラーを演奏しているなんて想像もできませんでしたね。フルートを手に入れて初めて吹いてみたのがこの頃でしたからね。そんなわけで、いつの間にかマーラーの5番と、エルガーの1番を別のオーケストラで同時に練習をする、などという、アマチュアのフルーティストにしてはかなりハードな現実に直面していることになっています。
 エルガーの方はまだ先の話ですが、マーラーはほぼ1か月後が本番となりました。今日の練習はお昼からだったのですが、いつものように少し前にパフォーマンス広場で音出しです。予定では、最初に私は降り番の序曲をやることになっていますが、誰からも欠席の連絡は来ていないので私が行く必要はなさそうですから、その時間もここでみっちり吹き込んでおきましょう。と思っていたらメールが来て、1番の人が少し遅れるということでした。それだったら代吹きをしなければいけないので、会場のホールに向かいましょう。
 そうしたら、練習開始ギリギリに、その1番担当が間に合いました。でも、まだピッコロ担当が来ていません。何の連絡もなかったのに、と思ったら、だいぶ前に今日はお休みと言っていたことを思い出しました。結局、代吹きはしなければいけないのでした。やはり、きちんと時間通りに来ていないと。
 序曲のピッコロパートを吹くのはこれが初めて、ピアニシモで高音の「C」を出さなければいけないような、結構大変なピッコロパートなのですが、それが軽々と吹けるようになっていたのはうれしいですね。
 メインのマーラーも、弦楽器はおそらく今までで一番の出席率、多くても2人しか休んでいないという、限りなく全員出席に近い状態でしたから、とても充実した音が出ていましたね。これがまだ1か月かけて練り上げられるのですから、本番にはものすごいハイレベルの演奏が聴ける期待が大きくなってきましたよ。
 木管も、全員トップが揃っていたので、ユニゾンとか受け答えもしっかり合わせられるようになりました。ただ、私のパートはたまに長い休みがあるので、その間に楽天戦の経過をスマホで追ってました。最初の頃は勝っていたのに、いきなり逆転されていたのを見た時には、一瞬何が起こったのか分からなくなってしまって、気が付いたときには私の出番が始まっていたのにそれに入れずマゴマゴしてしまいましたよ。練習中のスマホは禁止です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-07-02 20:56 | 禁断 | Comments(0)