おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 15日 ( 1 )
STRAUSS/Electra
c0039487_21013453.jpg


Birgit Nilsson(Elektra), Regina Resnik(Klytämnestra)
Marie Collier(Chrysothemis), Tom Krause(Orest)
Georg Solti/
Wiener Philharmonker
DECCA/483 1494(BD-A)


このところ立て続けに往年の名録音がBD-A化されているので、なんかとても幸せな気持ちになれます。まあ、中にはマスターテープそのものが劣化していたものが使われていて、いくらなんでもこれを商品にするのはまずいだろう、というようなものもありましたが、それもある意味「歴史の証言」的な見地からだったら許してもいいかな、という気持ちにさえなってきます。というのも、中には本当にマスターテープそのものの音が味わえるものがあったりしますからね。
最近では1966年に録音されたDGの「トリスタン」が、そんなぶっ飛ぶようなものすごい音が体験できるものでした。そして今回はやはり1966年に、こちらはDECCAで、あのゴードン・パリー(とジェームズ・ブラウン)によって録音された「エレクトラ」ですから、期待は高まります。こちらもやはりSPEAKERS CORNERのLPで聴いていますから、その録音の凄さは十分に確認済み。
「エレクトラ」というオペラは、2時間にも満たない長さですから、続けて聴いてもそれほど負担にはなりません。というか、音楽的にはワーグナーのような「無駄な」ところは全くなくて、最初から最後までとても美しいオーケストラとリリカルな歌で満たされていますから、退屈さとはおよそ無縁な体験を味わうことができるはずです。しかも、この、ジョン・カルショーがプロデュースした録音では、単に音楽を聴かせるだけではなく、それらが上演されている時の歌手たちの動きや、さらにはその場の情景までが音によって再現されるように作られている、とされていますから、耳で聴くだけであたかもステージが眼前に広がっているように感じられるはずです。それは、「ソニック・ステージ」と命名されて、大々的にLPのジャケットにもそのロゴマークが掲載されていましたし、今回それを忠実に再現したこのジャケットでも、それは見ることが出来ます。
もっとも、そういう特別の録音方法が使われている、と、メディアに向かって宣言した当のカルショーが、後年「あれはただのデマだった」と証言していますから、実際はそれほどのものではありませんでした。それでも、当時の音楽評論家は見事にこのデマ(フェイク)に騙されて、結果的にDECCAの売り上げに貢献するような発言をあちこちでしてくれたのですから、カルショーは「してやったり」と思っていたのでしょうね。そんな悲しい評論家は日本にもいて、実際FMラジオでLPをかけながら「ここでは、あたかも映画のズーム・インのような効果が出ている」と語っていたことがありましたからね。先入観というのは、恐ろしいものです。
ただ、そこまでの「真実」が分かっていても、改めてこの録音を聴いてみるとその大胆な音響操作には驚かされます。なんせ、この話に登場する人たちはみんなどこか「狂って」いますから、その「狂い」の描写の音楽はそれだけでかなりの異様さを持っているところに、さらにサウンド・エフェクトを駆使してオーバー・アクションに仕上げられています。例えば、クリテムネストラが「狂ったように」笑いながら遠くへ去っていくシーンなどは、耳をふさぎたくなるほどの迫力です。ほんと、やっていることはアナログでとても幼稚なことなのですが、それに大真面目に取り組んでいる歌手や録音チームの努力には、圧倒されます。というか、あっとおどろかされます。
このBD-Aには、もちろんマルチ・チャンネルではなく2チャンネルで、LPCMとDolby True HDの2種類のフォーマットのデータが収められています。ですから、それを切り替えて瞬時に聴き比べることが出来るのですが、そうすると明らかのDolbyの音がワンランク低いものであることがはっきり分かります。繊細さがわずかになくなっているのですよね。2チャンネルであればLPCMのままでも伝送には問題がないはずなのに、なぜわざわざDolbyで音質を劣化させているのかが、理解できません。マスターテープの劣化はほとんど感じられないのに。

BD Artwork © Decca Music Group Limited

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-07-15 21:03 | オペラ | Comments(0)