おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 13日 ( 1 )
ここの料金所は、近づきすぎると自動ブレーキがかかってしまいます
 きのうの最後の指揮者練習は、同時に新しい「かいほうげん」と日程表が出来た日なので、私はいつもの楽器が入ったカバンと普通のトートバッグ、それに、印刷物が入った小さめのトートと、3つ抱えて地下の駐車場から会場の交流ホールへ向かいました。着いたのは6時ちょっと前だったので、楽器は扉の前に運んでありましたが、まだ中に入れません。早めに来た人は、ロビーのソファーのような物(背もたれがありませんから)に座って待っていますが、そんな中にごく普通のたたずまいで座っている人が、指揮者の橘さんでした。スコアを広げていなければ、見慣れないエキストラさんのような感じで、すっかりなじんでいましたね。そこでさっそく出来立ての「かいほうげん」を1部進呈、橘さんが写っているページを教えてあげました。「いつも、素晴らしいですね」なんてお世辞を言われてしまいましたよ。
 今回の号では、写真にまつわる話題が豊富でしたね。まずは、団員に自己紹介のページで、いつも楽器を演奏している写真を撮っているのですが、今回はちょっと趣向を変えて、指揮練の時に実際に演奏しているところを撮ってみました。いつもはヤラセなんですよね。ホールの客席の一番後ろから望遠レンズで撮ったものをトリミングして、使ってあります。その、いかにも「盗撮」っぽいテイストを、ご本人はいたく気に入られたようで、Facebookのプロ写に使いたいというので、元の写真を送ってあげました。それをアップしたら、コメントで炎上してたようですね。
 それと、Iさんから頂いている原稿にも、チラシの写真などがたくさん載っているのですが、それを見た方が、「知り合いが載っているので、送ってあげたいです」というので、PDFにして送ってあげました。なかなか、楽しい出会いがありましたね。
 出会いでPDFというのは、この前のネタですが、あの新聞記事の件はなんだかいやな結果になってしまいましたね。一応記者さんにこんなことをやりたいのだということを伝えたら、非常に喜ばれたのですが、実際の著作権は新聞社の方にあるので、そちらに確認してくれ、と、さる部署のさる方をご紹介していただきました。さっそくその方に電話をしたら、電話口のその方はなんとも横柄な態度で、「どんな形でもネットに上げることは許してはいない」の一点張りなんですよ。私だってシロートではありませんから、そのあまりに人を小ばかにした態度には、完全にキレてしまいましたね。実は、以前職場のことを紹介してくれた雑誌があったので、それをやはりスキャンしてHPにアップするのはどうなのか、と聞いたことがありました。その時には、「次号が発行された後なら、OKですよ」と言ってくれていたのですね。ですから、職場のサイトからは、今でも自炊されたその雑誌の記事が堂々とリンクされていますよ。そんな感じで、実際の出版の現場では著作権の取り扱いを割とユルくとらえているところもあるのだ、ということを知っていました。ですから、このK新報さんのあまりに杓子定規な対応には、かなりの違和感がありましたね。なんでも、「切り抜きをコピーして個人に手渡す」のであれば、何の許諾もいらないんですって。だったら、文書を認証のかかったストレージからDLするのはどうなんだ、と聞いてみたい気もしましたが、おそらくこの方はその意味も分からないのでしょうから、それはやめました。そんなわけで、この件は「コピーを手渡し」的な方法で敢行することを考えています。
 そんな、実りの薄いむだな会話に時間を取られたせいなのか、きのうは間抜けなことばかりやってました。まず、さっきの橘さんとのやり取りの後、会場が開いたので荷物を持って中に入ってみると、手元に楽器のカバンがありません。これは車の中に置いてきたに違いないと、また地下まで降りて行って車の中を見ると、そこには何もありません。確かに積んだはずですよね。不思議に思って、また会場に戻って、さっき座っていたソファーもどきのそばを見たら、カバンはそこに横になっていました。あんな大きなものを見落とすなんて。
 さらに、練習が終わって駐車場から出ようと駐車券を取り出して機械に入れようとしたら、なんかのはずみでその駐車券が手から滑り落ちて、車の床の上に落ちてしまったようでした。あわてて下を見てみても、ちょっと薄暗いところなのでよく見えません。一旦外に出て椅子の陰などを見ても、ありません。焦りますね。とりあえず後ろの車に場所を譲って、広いところに車を置いてiPhoneのライトで見てみたら、やっと見つかりました。そのカードは、裏面全体に磁性体が塗布してあるタイプなので、裏側は茶色なんですね。それが黒い床の上にあったものですから、暗いところでは全く見えない状態になっていたのですよ。「保護色」ってやつですね。ああ疲れた!
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-10-13 23:30 | 禁断 | Comments(0)