おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 09日 ( 1 )
Christmas Deluxe/
c0039487_20193795.jpg





Pentatonix
RCA/88985 47691 2


これまで毎年素敵なクリスマス・アルバムを贈ってくれていたペンタトニックスは、今年のアルバムについても、もう数か月前からリリースの情報を伝えていました。ただ、具体的なタイトルやジャケット写真などはなかったので、ちょっと不思議な気がしました。それでも、大好きなアーティストですから、注文はしておきました。
そして、予定通り手元にはそのニューアルバムが届きました。そのタイトルは「PENTATONIX/Christmas Deluxe」、これは、去年のアルバムの後に「Deluxe」を付けただけのものではありませんか。写真も、おそらく去年撮影されたものなのでしょう、というか、今年の写真の方が先に撮られたもので、去年のジャケットではこの椅子の上のプレゼントを、メンバーが開けてよろこんでいる、という構図になっています。そして、曲目も、全く同じです。ただ、いちおう「Deluxe」というだけあって、去年の11曲に加えてもう5曲、新たに録音された曲と、別バージョンのテイクが収められています。つまり、これは決して「ニューアルバム」ではなく、単なる「ボーナス付きのリイシュー」だったのですよ。ペンタトニックスともあろうものが、なんとも小賢しいことをやってくれたものです。
と思って、ブックレットの写真を見ると、なんと、そこにはメンバーが4人しか写っていません。ベースのアヴィ・キャプランがいなくなっているのですね。もしや、と思って調べてみると、アヴィは今年の5月ごろにこのグループからの脱退を表明していたことが分かりました。そんなことがあったなんて、知りませんでしたよ。これではファン失格ですね。
元々、このグループはミッチ、スコット、カースティンの3人でスタート、そこにアヴィと、ヴォイパのケヴィンが加わったという経緯がありますから、アヴィはグループに対するプライオリティがすこし違っていたのでしょうかね。公式には「あまりに多忙すぎて、家族との時間が取れない」ということなのだそうですが、それはあくまで表向きのコメントのように感じられます。
まあ、そんなことがあったのでは、フルのクリスマス・アルバムを作ろうとしても苦しみますね。そんなモチベーションなんか湧かないのでは。ですから、ここでの、アヴィがいなくなってから録音されたトラックは、そのあたりを象徴するような微妙な仕上がりになっています。
まず、その5曲のボーナス・トラックのうちの2曲では、メンバーは4人だけで歌っています。映画「ドリームガールズ」で一躍注目を集めたジェニファー・ハドソンをフィーチャーした「How Great Thou Art」というゴスペル・ナンバーでは、ベースのパートはおそらくスコットが歌っているのでしょう、ごく平凡なベースラインしか聴こえません。もっとも、これはあくまでジェニファーの圧倒的なソロを聴くべきトラックでしょう。「Away In A Manger」という伝承曲でも、あっさりとしたアレンジで、ハーモニーはベースを欠いています。
そして、別の2曲、いずれもクリスマスの定番曲では、ベースにサポート・メンバーが入っています。「Deck The Halls」にはマット・サリーという人、そして「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 」ではレノ・セルムサーという人です。いずれも、いかにもサポートに徹した正しいピッチとリズムの持ち主ですが、決して前に出てくることはないスタンスをとっているのが感じられます。残りの1曲は、昨年のアルバムの中のレナード・コーエンの「Hallelujah」のトラックに、トリッキーなストリングスを加えたバージョンです。
確かに、これらのボーナスだけでもこのアルバムを聴く価値はありますが、やはり、5人目の正式なメンバーが決まって、それぞれの個性が新たな次元でぶつかりあって作られる彼らの本来のサウンドを、早く聴いてみたいものです。でも、カースティンはすでにソロ・デビュー、ミッチとスコットも「スーパーフルーツ」名義で活動を行っていますから、どうなってしまうのでしょうね。

CD Artwork © RCA Records

[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-11-09 20:22 | Comments(0)