おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 15日 ( 1 )
宇宙空間にワイヤーが
 サラウンドで録画したBDを見るのは、私の新しい習慣となりつつなります。これで見ると(聴くと)、ストーリーは全然つまらない映画でも、全く別の魅力を発揮するようになるから、不思議です。確かに、昔映画館でそれがつまらないと思った時には、もっぱら音響を楽しんでいたような気がしますからね。いくらつまらなくても、これがあればわざわざ映画館まで来た価値があるとまで思っていました。それが、自宅でもほぼ同規模のものが実現できるようになったのですから、これだったらもう映画館に行く必要もないかな、とも考えてしまいます。いや、実際は映画館の音はでかいだけでクオリティはそんなによくはありませんから、自宅の方が繊細さから言ったら私にとっては優れていると思えてしまいます。なにしろ、隣や前の人を気にしたりすることは全くありませんからね。
 そんな、もっぱら音だけを楽しむために見たのが「パッセンジャー」です。これも、予告編などを見ても全く見る気はおきなかったのですが、ある時たまたまかけたWOWOWシネマでこれが流れていて、その音がサラウンド的にとてもすごかったので、これはきちんと見てみようと別の放送時間に録画しておいたんですよね。
 そのサウンドは期待通りで、とても満足しました。ストーリーの方もまあまあ楽しめます。5000人を乗せて地球外のコロニーに向かう宇宙船の中だけで物語が進むので、画面にはその宇宙船の内外しか出てきません。そこで繰り広げられるのは、目的地に着くまでの間は人口冬眠で眠っていなければいけないものが、小惑星の衝突で発生したエラーで予定より「90年」前に起きてしまった男の物語です。食料などには不自由しないものの、なにしろ、他の乗客はみんな冬眠中ですから、それが1年も続くとさびしくなって、冬眠していた女を作為的に目覚めさせてしまうのです。
 そうなれば、やることは一つだけ、というラブストーリーが展開されることになるのですが、もちろんそれだけでは済むわけはなく、さまざまな事件が起こって最後は・・・。
 その恋人たちは、宇宙服を着て外に出てデート、というしゃれたことをやったりします。無重力の宇宙空間での、文字通りのランデブー、楽しかったでしょうね。でも、演じる方は大変で、ワイヤーで吊り下げられながら、そも無重力のような演技をさせられるのですからたまったものではないでしょう。もちろん、映画を見ている人はそんなことなんかはまったく気づかずに、ロマンティックな宇宙遊泳を見ることになるのです。
 ところが、そのシーンで、バックが真っ暗なところから明るい星雲になった時、その、決して見えてはいけないワイヤーがしっかり見えてしまっているのですよ。しかも二人分。
 私が気が付くぐらいですから、当然誰かは気が付くはずですよね。編集の段階であのハリウッドのスタッフがこんなことに気が付かなかった方が驚きです。でも、もしかしたらこれはそういうことをわざと見せる「コメディ」だったのかもしれませんね。
 サラウンドといえば、もちろん映画で体験できますが、それはオーディオの世界でもやはりBDで味わえます。ブルーレイ・オーディオというやつですね。これも、最初からサラウンドで録音してあるものは今までとは違った聴き方が出来るようになりました。そこで、もう一つのハイレゾ・ソースであるSACDでもしっかりサラウンドの音源が用意されているので、それを再生することはできないかと考えてみました。しかし、かつてはSACDのサラウンドにも対応していた「ユニバーサル・ディスク・プレーヤー」とか言っていたものが、最近は市場から姿を消してしまったような感じなのです。おそらく、今SACDのサラウンドを再生できる機械を作っているメーカーはほとんどなくなってしまったのではないでしょうか。私が職場で使っているOPPOのプレーヤーは、そんな数少ないモデル、いつかは、これにもAVアンプをつないで、サラウンドを体験してみたいものです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2017-12-15 21:34 | 禁断 | Comments(0)