おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 01日 ( 1 )
あけましておめでとうございます
 あけましておめでとうございます。今年もサイト、ブログ、Facebookをよろしくお願いいたします。
c0039487_08100018.jpg
 もう、この年になってくると、新しいことへの挑戦というよりは、これまで積み上げてきたものをいかにクオリティを落とさずに維持するか、という、ある意味ネガティブな姿勢に変わっていくものです。とはいっても、そんな一見消極的に見えることでも、続けてさえいればいつの間にかレベルが上がっているかな、と感じることが出来たのが、この数年間です。そんな、自分を甘やかす姿勢を、今年も貫いていきたいものです。
 去年の締めくくりに、久しぶりにテレビで「N響の第9」を見てみました。ネットの記事や、実際に聴いていた人の話などで、「今年のピッコロはすごい」という声を何度も聞いていたものですから。いや、正確には「ピッコロには笑えた」という言い方だったかもしれませんが、それだったらなおさら気になってしまうじゃないですか。それと、今回、知り合いのフルーティストで、ニューフィルの指揮者練習の時に代吹きをやってくれて一緒に吹いたことがある人が、エキストラとして出演する、という情報もあったものですから。
 そのエキストラのパートが「2アシ」だということで、木管楽器は「倍管」だということは分かっていました。普通、そういう編成だとピッコロはその「2アシ」の人が吹くものですが、N響の場合はピッコロのオーソリティの菅原さんが担当していました。つまり、フルートパートは5人という、まるでマーラーの「9番」のような人数になっていました。同じ事情がファゴットの場合、終楽章だけコントラファゴットが加わるという事情があるのですが、そこでは2アシの人が持ち替えてコントラを吹いていましたけどね。つまり、木管のパートは全部で17人、その中で一人だけ、ピッコロの菅原さんだけが、1楽章から3楽章までの間は、何もしないで座っているだけだ、ということになります。でも、そんなことを言えば、合唱団員だって、同じことですけどね。
 今年の指揮者はエッシェンバッハ、もはやすっかり「巨匠」という風貌に変わっていましたね。そして、その音楽の作り方も、まさに「巨匠」のそれでした。最近のベートーヴェンの演奏は、ピリオド楽器、ピリオド奏法が幅を利かせていますから、そもそも「倍管」で演奏することなどはまさに「時代錯誤」と言えそうなやり方なのですが、最近はそんな動きの反動として、こんなN響みたいなことも起こっています。実際、ここでのエッシェンバッハの演奏を聴いていると、とても人間的な息吹が感じられますからね。
 そうなると、どんな楽譜を使っているのか気になります。私が聴いた限りでは、いくらそんな「懐古的」な演奏ではあっても、楽譜に関しては最近の原典版が使われているようでした。第4楽章のマーチが終わったあとのオケだけの長い間奏が終わろうかという時に現れるホルンのフレーズが、ベーレンライター版で初めて提唱された不規則な形になっていましたからね。この楽章で、テーマのオブリガートとして最初に出てくるファゴットのリズムも、微妙にベーレンライター版っぽかったですし、「vor Gott!」のフェルマータも、オーケストラがガンガンなってましたから、そこをオケだけディミヌエンドにしているブライトコプフ新版ではありえません。ただ、厳密なベーレンライター版でもないような。
 ですから、いかにエッシェンバッハが「巨匠的」だからといっても、それは、原典版やピリオド・ブームを乗り越えたところにある「ネオ巨匠」ということになるのではないでしょうか。
 ピッコロに関しては、楽譜の問題だけでは済まないところがあります。フルートもそうですが、ベートーヴェンの時代の楽器では高い音が出ないので、本当は高い音が欲しいところを楽器の性能に合わせて低く直してある個所がたくさんあるのですよ。ですから、現代のオーケストラのピッコロ奏者は、そんなところをきちんと「高く」吹いたりします。弦楽器の人数も増えていますから、それは妥当な判断です。
 ですから、私が今まで聴いたときには、菅原さんは以前からピッコロのパートで1オクターブ下げて書いたのでは、と思えるところは全部「高く」演奏していましたね。私も、この間の角田第9では、ちょっと無理なところはそのまま吹きましたが、極力「高く」吹いていました。ただ、マーチの最後だけは、合唱とのバランスを考慮して意図的に「下げ」ましたけど。
 菅原さんの場合、それだけでは済まず、なんと最後の「D」の音まで、1オクターブ高く吹いていた、という噂がありました。こんな音、私では絶対に出せません。ただ、私が地デジをサラウンドで聴いた時には、それは確認できませんでしたね。きちんとNHKの録音を聴いてみると、かなりワンポイント的な録りかたなので、それぞれの楽器は幾分ぼやけて聴こえます。ピッコロも、最後は他の楽器に隠れて聴こえなかった可能性があります。放送された日と別の日に実際に聴いた人の話では「ちょっと低めだけど確かに高い『D』が聴こえた」ということですから、吹いてはいたのでしょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-01-01 20:59 | 禁断 | Comments(0)