おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 05日 ( 1 )
アルバムごとに、音が違ってます
 今日からは、いつものような生活に戻って、職場の仕事、ニューフィルの仕事と、追いまくられることになります。まずは今月分のニューフィルの日程表を作るところから始めましょう。練習会場はネットで2か月先のものを予約するようなシステムになっているのですが、その抽選の発表は毎月2日にあります。ですから、今月もそうだろうと2日に見に行ったら、今回に限って発表は「4日」なんですって。ネットでもしっかりお正月休みを取るんですね。通販サイトなどは年中無休で営業してるというのに。だから、「火の鳥」の1919年版の新しく校訂されたスコアが安く買えるというのでさっそく注文してみましたよ。確かに、CHESTER版に比べれば格段に見やすい大きな楽譜になっていますが、なんだかな、という感じはしますね。なによりも、出版元がカルマスだというのが一番のネックです(笑)。CHESTER版との相違点なども表になっていて、それらしい体裁はとられていますが、ピッコロ・パートで変わっている部分については何の言及もありませんし。
c0039487_08053574.jpg
 そんなわけで、きのうも夜になってからその抽選のことを思い出して、見に行ったら1日だけいつもの会場が取れてない日がありましたね。でも、ちょうどこの日はパート練習の予定なので、他の会場を借りれば大丈夫でしょう。でも、それからサイトの日程表を更新するだけの時間はなかったので、それは今日に持ち越しです。
 そして、今朝は早起きしてその更新作業を行ってみると、職場にしか置いてないデータがあったことに気が付いて、それもお預けです。ところが、職場では本来の年始の恒例の作業が手一杯で、他のことをする余裕は全くなく、結局帰ってきてさっきようやくアップしたところです。
 それと同時に、新しい「かいほうげん」の作成作業もやりたかったのですが、もちろんそんな余裕は全くありませんでした。本来なら、お願いしていた原稿が昨日のうちには届いているはずだったので、それの編集をするつもりでしたが、どうせ無理だったんですね。こうなれば、今週の連休に届くことを期待するしかありません。そして、最初の練習の時に発行出来ればな、と思っています。
 何がそんなに忙しかったかというと、年末に顧客にもろもろの経費を納入していただくために振替用紙を郵送してあったものが、返送されてきたからなのです。別に1年のうちのどこで送っても構わないのですが、さっさと送ってしまいたい人が多いのでしょうね。それが、年を追うごとに増えてきているのですよ。その集計にエクセルを使っているのですが、月ごとにまとめられるようにテンプレートを作っていてそこに入力するようになっています。ところが、その12月のところが、毎年行が足らなくなっていて、そのたびに追加しなければいけないようになっています。ことしは、それが300件ほどになってしまいました。
 振替用紙には3つの品目が書いてあって、それぞれに好きなものを送っていただくようになっています。ですから、それを私は別の用紙に拾い上げて、集計します。ただ、その振替用紙には判読不明のものもあったりしますし、そもそも住所や氏名を記入していない人もいますから、その作業だけでえらい時間がかかります。それをさっきのエクセルに入力して、現物とあっていればOKとなるのですが、今回は、それがものすごく違っていました。毎年、最初からピッタリ合うことはまずないので、少しの誤差は仕方がありませんが、これはひどすぎます。でも、よく考えてみたら、これは私のミスでした。行を追加する時に、設定してあったSUMの範囲を超えたところで追加していたので、下の方の入力がはみ出していたんですね。それを直したら、ピッタリ合ってました。
 そんな単純作業の間は、ハイレゾのFLAC音源を流しっぱなし。「Singers Unlimited」の8枚のアルバムを全部エンドレスで聴いてしまいました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2018-01-05 21:28 | 禁断 | Comments(0)